泳げ飛べ歩け! - おきらく掲示板 (せんもん掲示板はコチラ

'10.05リニューアルされました。ルールブックガイドブックをお読みの上ご利用ください。
新規投稿
 
総スレッド数= 3544 / アクセス数= 269368
[<] [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20[21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47]  [48]  [49]  [50]  [51]  [52]  [53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [>] 
No.2634: やはりと言うかなんと言うか。 
HN:  フォッサマグナ  2010/05/13 21:07:54  
 ゲンゴロウモドキ 
皆さんこんばんは。

昨日今日と久々の連休で、餌捕りに行ったり水槽片付けしたり、まあ何だかんだ
普段出来ないことを処理していたのですが、その一つ「コゲンモねーさん」の
共住水槽への復帰作業を行っていると・・・・・
出遅れ1齢が3匹泳いでいます、んで、放りっこみぱなしだったセリを見ると
明日あたり出ますよ~~~ん、風の卵が数個。

「う~~~~~ん」と3秒ほど悩み&唸った結果「放置飼育」と決定。
双方ともミズムシうじゃうじゃ保管容器にぶち込み「勝手に育ってくれ」ってな
体制を取る事に致しました。(卵入りセリも同様にミズうじゃ容器に)

んで、一応ミズムシとその他ぐしゃ泥・枯葉等々の中に居るであろう訳の判らん
生物達だけでは物足らないかも?、と判断し、極小オタマをそれなりに投入。

さて、かなり自然環境に近いこの状態の放ったらかしでどこまで育つか?

なんかこー、毎年「出遅れくん」達で面白いことをやっている(やらされている?)
気がしてなりません。(笑)
うち1匹は早速「オタマがぶちょ」でした。

先輩達は現在3齢18匹、2齢3匹。
異常な生存率で、☆は件の産まれて即体曲がってた奴、だけです。
このままみんな成虫化するとなると・・・・・
「引取先あるかなぁ・・・・・」

そろそろバトルさせますかねー。(苦笑)

あと、これだけ居るとさすがにオタマ確保も一時苦しくなり、元気そうな3齢に
幼虫達よりも全長では2~3㎝でかい位のドジョウくれてやったら、限りない回数の
アタックとドジョウ逃走を繰り返した後、やはり最後にゃがっつり喰らってました。
オタマより遥かに喰いでが有るようで、半日程むしゃぶりついています。
コゲンモにドジョウくれてやったのは初めてですが、結構いけそうな感じ。

育て主の方は、オタマ探しの道中に林道脇で見つけたタラの芽食らって、大酒
食らって・・・・・

やはり酔っ払いです。
No.2635: no_title 
HN:  金太郎  2010/05/13 23:08:14  
 げんごろう  
フォッサマグナさんこんばんわ。
同じく酔っ払いの金太郎ですw
コゲンモで早くも幼虫地獄のご様子でなにより(?)です(^^;
今年は気温の低い日が続いているせいか南方種の多い我が家では未だに幼虫の姿は見られません(T_T)
ナミゲン、コガタノ、ヒメフチと産卵床のヘラオモ、ホテアオイを齧りまくっているのでもう少しだとはおもうのですが・・・。

ちなみに
>引取先あるかなぁ
につられて即レスかましてしまいました。
ぜひ引取らせて下さい!!
・・・とりあえず酒の勢いを借りて里親に立候補してみました(=^_^=)
もしよれしければご検討ください。

タラの芽、美味しいですよね。
私の住んでる地域では既にタラの芽の時期が終わってしまいました。
まあ、旬のものですからまた来年のお楽しみということで。
しかしもう少ししたサワガニの美味しい季節が・・・( ̄ー ̄)
上へ戻る
 
No.2636: no_title 
HN:  スピリット  2010/05/14 00:01:19  
 ゲンゴロウモドキ  
酔っぱらいの皆さん、こんばんは。
アルコール中毒の仲間入りしたい所ですが、、、
僕は今夜は缶ビール1本しか飲んでないので酔ってませんが・・・(笑)

>引取先あるかなぁ・・・先日のメールにもありましたね。
おそらく家のと親戚にあたるかもしれまんが、
私のとこも同じ親の子だけなので、金太郎さん優先で、さらに余りがでたら
2,3匹引き取らせて下さい。
ほんとはトレードがよかったですね。私のコゲンモは、既に行き先が決まって
しまいました(>_<)

それはそうと、家のコゲンモ1号(人工蛹室中)が今にも羽化しそうですが・・・
蛹化13日目。今年の異常気象(寒い春)のせい?とにかく遅いです。
フォサさんとこ、最近すげー寒くない?ニュースでどっかで雪降ったとか
言ってましたよ。

家のホンゲンやマルコは、まだペアリングさせてません。
引っ越し予定もあるし、、、南方くんのヒメフチはペアーで入ってますが、
水温が18~20℃なので交尾もしてません。
去年今頃ホンゲンは、室内飼育でちょっとヒートして幼虫飼育が始まって
ました。今年は真夏にやります。


上へ戻る
 
No.2637: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/05/14 21:05:00  
 げんごろうもどき  
スピリットさん、金太郎さん、こんばんは。
毎晩のように例の如く「フォッサマグナ@酔っ払い」です。

早速のレス、大変有難う御座いました。

力強い御反応を賜りましたので「兄弟同士の『仁義なき戦い』」は
見送ることと致します。
逆に、何とか残り全部羽化を目指したく、根性入れ直しました。
(と言ーつつ、酔っ払いながらいい加減に水替え&餌くれやってたり
するのですが)

んで、若干遺伝子重複の可能性があるスピさんとこには全く別血統の
連中、金さんとこには累代系を、何とかご提供出来るよう、本日以降も
頑張ってみたく思います。

放置くん達も回収するかなぁ。(笑)

婿出し・嫁出しの詳細手続き等は、無事羽化してからと言う事で。

おかげ様でかなり気合入り直しました。(爆)

P.S 職場付近のタラはほぼ終結なのですが、うちの庭のは今だ冬芽状態。
こいつらが出て来たら「本年度最終」となりそうです。
ちなみにコシアブラは今年もかなり「盗採」くらいました・・・・・
その数倍を職場周辺で確保してはいますが・・・・・

あと、本日これまた職場周辺で「独活」を発見。
新芽2つのみなので来年度まで放置し、1年がかりの収穫を計画致しました。
上へ戻る
 
No.2638: no_title 
HN:  金太郎  2010/05/18 00:37:47  
 げんごろう  
こんばんは、本日も酔っ払いの金太郎です。
せっかくのお言葉に返信が送れて申し訳ありません。

>フォッサマグナさん
大変心強いお言葉ありがとうございます。
たくさんの幼虫が無事に成長、羽化してくれる事を願っておりますが、私のほうはまたいずれの機会もありますでしょうし、まずはフォッサマグナさんの負担が大きくならない程度で頑張って下さい。
その結果として余剰個体がでた場合には、ぜひ引取らせていただきたいと思っています。

>スピリットさん
お気遣い痛み入ります。
まだ確定した話ではありませんが、もし譲り受けることになれば里子にだされるフォッサマグナさんの思いも含めて大切に飼育したいと思います。


とりあえずですが、一応メール欄にアドレスを載せておきます。
もし何か詳細なお話がいただける時にはこちらにメールしていただけると助かります。


上へ戻る
 
No.2639: ゲンゴロウも始まった 
HN:  スピリット  2010/05/15 21:56:27  
 ゲンゴロウ 
スピリット
今日夕方ホンゲンのメスを繁殖容器に入れてみました。
既にオスは数ヶ月ここで暮らしてました。
メスを入れて約30分弱、何やらバシャバシャ暴れてるな~と、
のぞいて見ると、嫌がるメスを強引に捕まえてました。
これは強姦です(笑)


No.2640: no_title 
HN:  スピリット  2010/05/15 22:00:40  
 ゲンゴロウ  
スピリット
その後、長~いラブラブ。。。
上へ戻る
 
No.2633: 凛々しいお顔。 
HN:  フォッサマグナ  2010/05/10 22:02:35  
 げんごろうもどき 
フォッサマグナ
皆さんこんばんは。
相変らず酔っ払いです。(笑)

本日、シーズン初ヘビ捕獲。
鮮やかストライプのシマヘビさん、体長約1.2メートルでした。

この記念撮影後、即解放と相成りました。
 
No.2612: ようやく 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 08:09:04  
 ゲンゴロウモドキ 
フォッサマグナ
みなさん、こんにちは。

我が家もようやくコゲンモっ子1号、出て来ました。
3/23に初産卵痕確認してから1ヶ月弱、ずいぶんやきもきさせてくれました。
既に「終わってる(苦笑)」ような卵も多いのですが、追加産卵分は着実に
膨らんでいる様子なので、これから期待と言うところでしょうか。

んでその第1号、早速回収しスタンバイ済のミズムシ・極小オタマくれてやる
と・・・・・
やはりと言うか何と言うか、ミズムシの方にがぶちょ。

順調な成長を願うのみです。

No.2613: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/21 14:24:37  
 げんごろう幼虫  
フォサマグナさん、こんにちは。
孵化おめでとうございます。やっと孵化したかと思いがちですが、生息地(野生)
のペースとほぼ同時期ではないでしょうか。皆が室内人工繁殖で早すぎるだけです。
去年の出来事覚えてます?3齢上陸は、5月末でした。
コゲンモが一段落の頃、お次はゲン属が産卵ですね。

家もまだ孵化してない産卵跡が2,3あります。

こちらの天然アカガエル・オタマは、もう3齢でなければ使えないほど成長してて、
今大半は、ヒキガエルのオタマを使ってます。
ヒキガエル・オタマは、ザリの基地だろうが何だろうが水溜まりならどこにでも
存在してて、数も半端じゃないし(天文学的数)遠慮なく使えるので重宝です。


ところで、どなたか知ってたら教えて下さい。
ヒメフチとマルコの幼虫は、オタマを好んで食いますか?
オタマを主食にしてくれると凄く助かるので。。。

上へ戻る
 
No.2614: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:21:20  
 げんごろうもどき  
スピリットさん、どもです。

>>去年の出来事覚えてます?3齢上陸は、5月末でした。

そーなんですよねー。うちはもう少し遅かったかも。
うちの近所はいまだにヤマアカ卵塊状態(職場付近は徐々にオタマ化)なので、
場所変え場所変え少しずつ回収、コゲンモ第2弾3弾を控えスタンバイ中です。

あと、うちから車で5分程の所で「ミズムシやたら発生地」を発見。
(と言うか既知の所に網入れてみたら・・・・・)
本日200程(多分・・・・・)確保してまいりました。
選り分ける面倒くささに気が狂いそうになりましたが。(笑)
「い~ち、に~に・・・ひゃくななじゅうろ~く、ひゃくななじゅうな~な」

ちなみにそのミズムシうじゃうじゃ発生地、ちょいと脇にはミズバショウが
出ていたりします。
やはり奴らは無敵です。
上へ戻る
 
No.2615: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:26:18  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナ
んでもって、その「ミズミズうじゃうじゃ地点」から10mほど脇の、同じ
ミズでも「ミズバショウ」です。(あ~、おやじだっ)
上へ戻る
 
No.2616: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:28:29  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナ
そして、その脇の地上にはザゼンソウ。
何か去年と同様のパターンですが、時期は1~2週間遅れです。
上へ戻る
 
No.2617: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:30:28  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナ
もう少し土手上を見ると、こんな花も咲いています。
多分キクザキイチゲではなかろーかと。
タチツボスミレも咲いていました。
上へ戻る
 
No.2618: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:33:53  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナ
もう一つおまけです。
先日某地にて「サンショウウオ幼生」捕まえました。
(必死のミズムシ捕獲には、こいつらの餌確保と言う命題もあったのです)
何とか成体にまで育てたいところです。
上へ戻る
 
No.2619: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/21 19:41:03  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナ
もー、かなり酔っ払ってる勢いで・・・・・(爆)
卵塊も確認しました。

寒の戻りだ、季節外れの雪だやら、何だかんだ言ってても、やっぱ春は春です。
うちの裏庭のタラもコシアブラも徐々に膨らんできました。
私の胃に入るまでにはまだまだですが。(笑)
上へ戻る
 
No.2620: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/22 14:20:30  
 げんごろう幼虫  
フォッサマグナさん
孵化おめでとうございます。
私の方は、後続の1齢虫が10匹ほどいたのですが、すべて死んでしまいました。後から生まれた個体の方がはじめに生まれたものより、弱い気がします。
3齢虫 三日目が1匹のみです。なんとか1匹だけは成虫になるように頑張っております。
しかしお住まいの地域には自然があふれていて、とてもうらやましいです。

スピリットさん
順調に育っているようでうらやましいです。
うちのほうは近所の公園の小川ですら、ヒキガエルのお玉もいません、なんか
そういうのって憧れてしまいます。

上へ戻る
 
No.2621: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/22 17:11:46  
 げんごろう幼虫  
フォッサさん。
「-6の写真」のサンショウウオですが、もしかしたら希少種大発見
だったりしませんか?もともと生息確認されている種かどうか調べて
見ては?
サンショウウオって各地で絶滅に瀕し、保護活動がされてるので、
その道の愛好者が知ったら、ゆだれが出るような情報だったり(笑)
我が地方ではイモリならそこそこ見られますが、サンショウウオを
見つけたらたぶん大ニュースです。(僕は興味ないけど)

ナンコツさん。
1齢が全滅?ん~餌問題もそうなのでしょうが、根本的に飼育上の問題も
あるかもしれませんよ。と言うのは、私の経験でも、人から聞く話でも、
シャープの幼虫飼育は比較的やさしい(簡単)と感じているので。。。
いろいろな面において、ホンゲンよりは確実に楽。
ホンゲンもことごとく失敗だったそうなので、何となく飼育法を全て
見直さなければ、同じことの繰り返しのような。例えば、
・幼虫に合わせた水深にしてますか?(水温管理も気にして)
・足場とかありますか?(窒息の要因にもなるが必要)
・水温は安定してますか?日中直射日光が当たってたりしませんか?
・容器に有毒な物質がないか。窒息の要因がないか。
 小さな容器のわりに餌が沢山入ってたり?

上へ戻る
 
No.2622: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/22 19:57:12  
 ゲンゴロウモドキ  
スピリットさん、ナンコツさん、こんばんは。

その捕まえたサンちゃんですが、何をどう見ても調べても同定に至って
いません。
どれもこれも似たり寄ったりなので、かなり苦戦しています。
捕獲地点が田んぼ脇水路なので「止水系」と言うことは間違いないの
ですが。

さて奴らの正体は如何に・・・・・

んで、コゲンモっ子の方ですが、今朝見たら2・3号が孵化容器の端に
並んでいました。
こいつらも即回収&餌くれてやりましたが、2号はミズムシ、3号は
オタマに「がぶちょ!」。
奴らにもお好みがあるような。(笑)

私も個人的にコゲンモは楽です。
極端に言えばオタマだけくれてやってればいーので。(ミズムシ・ヤゴ
ブレンドがBESTかも)
時期にもよりますが、オタマが餌として一番確保するのに楽ですし、基本
的に「天文学的数」が発生するため、採集に際しての罪悪感も微小。
雑魚も沸くところには沸きまくっているのでオタマに準じますが、オタマ
程楽勝と言う訳ではなかったりして。

ヤゴとかだとあんま捕りすぎるとまずいと思い、各所分散採集になるので
結構大変です。
でもゲンゴロウ属系、ヤゴ大好きなんですよねー、くれてやると明らかに
でかくなるし)

で・・・・・

>>しかしお住まいの地域には自然があふれていて、とてもうらやましいです。

人生半分位捨てたら(笑)同じ環境に身を置けるかもしれませんよ。
私ももとは「某政令指定都市生まれ&育ち、首都圏にて20年以上サラリーマン
やって」今の生活です。


上へ戻る
 
No.2623: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/22 23:33:24  
 げんごろう幼虫  
スピリットさん-ありがとうございます確かにいろいろと見直すのは必要だと思います。
水深→成長に合わせて深さを変えています。
水温→家の玄関に置いてあります(消臭スプレーとかは使っていません)が、厳密に計ったことはないので原因の可能性があります。
水換→1日1~2回
足場→オクラネットをカットして使っています。
容器→100円ショップのプラ製のプリンカップを使ってます。
餌の量→1齢虫 一日@お玉2匹、赤虫3匹
    2齢虫 一日@お玉5~10匹
    3齢虫 一日@お玉10~20匹

という状況です。序盤に死んだ大量の3齢虫は餌があきらかな原因と思われますが、後発の1齢虫は全く原因がわかりません。(一匹は脱皮途中に死んでました。)
これは全くの冗談ですが、私があまりにゲンゴロウにはまりすぎていて、フィアンセが夜な夜な殺しているのかもしれません!

フォッサマグナさん
確かに半分人生捨てるのもいいかもしれないですね!とは言ってもなかなか踏み切れないですねー、今度の連休に北九州に行くのですが、フィアンセの実家に田んぼがあり、そのあたりで欲求を満たすしかないですねー
上へ戻る
 
No.2624: no_title 
HN:  たろう  2010/04/25 23:39:35  
 クロズマメゲンゴロウ  
みなさんこんばんは。

ナンコツさん
たしかに、同じ親からとれた幼虫でもバラツキがあるのであとからの子が弱い可能性もあるんですが、うちでは最初の卵は孵化しないけど後続は調子が良いパターンが多いです。
もしかしたら、赤虫がダメなのかもしれません。赤虫の何がダメなのか結論は出てませんがダメなのがあるのは確かです。うちでは、怖いので決まった銘柄の冷凍赤虫しか使いません。ここのHPの何処かにその記事が残ってるんじゃないかな?
水温は、アズマですが1令は22℃以下なら問題はないと思います。25℃くらいでもなんともなかったです。3令は直射日光の当たる日向で40℃近くまで水温上がる容器で元気でした。もちろん羽化しましたよ。自分の経験では卵の初期に高温に曝さなければ問題なかったです。
あとは、水面に油膜が張っての窒息ですが1令ではあんまり無いと思います。

すぴさん
こんばんは。ヒキガエルオタマ使ってるんですか?マジすか?
自分もあれが使えれば餌の確保が楽になるんでどうにか使えないか2年間かけて実験したんですが、無事羽化したのは1頭のみでクロゲンサイズでした。ちょっとここには書けないくらいの数の幼虫が犠牲になってます。
他のみんなも同じだったのでヒキオタマは使えないって数年前に決め付けてました。
もし使えるならそれはすげーです。是非こんど詳細を教えてください。

あと、マルコはオタマ嫌いです。食いつくかもしれませんが食いません。あれは虫食いですね。魚でもいけますが、虫好きです。餌の確保できれば一番簡単だと思います。
ヒメフチは外産しか飼ったこと無いですが、虫で育てた記憶があります。オタマはやったことないんでわかりません。

上へ戻る
 
No.2625: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/26 14:09:30  
 げんごろう幼虫  
たろうさん有り難うございます。
3齢中の方はアカガエルのジャンボおたまですくすく育っています。
このまま順調にいけばと願っております。

また奇跡的に、親ゲンの産卵がつづいており、3匹ほど幼虫を確認したので、スピリットさんやみなさんに教えていただいたことに細心の中をはらってやって行きたいと思います。
ひきがえるのお玉は、生まれたての小さいサイズをわたしのところでもあたえているので、実際のところどうなのか?は知りたいところです。
上へ戻る
 
No.2626: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/26 17:22:03  
 ゲンゴロウモドキ  
たろうさん、どうもです。

ヒキガエルやばいの!!!知らなかったです。BUT、家のコゲンモ全然問題ない
ですよ?今2匹3齢で、こいつらは孵化~1齢~3齢まで全てヒキガエルのみです。
今は、アカガエル(中大サイズ)とシオカラ・ヤゴを与えてますけど。
これは僕の想像ですが、ヒキ・オタマってどこにでもいるじゃないですかー、
油が浮いてる汚い水溜まりでもいますよね。農薬、肥料などにも強いみたいだし、
何らかに侵されてるやつが多いのでは?なんて考えてみました。
ヤゴでも若齢時にヒキオタマ食わせ続けて死んでしまったなんて話聞いたこと
あります。
で、僕の採ってきたヒキ・オタマは、まず侵される心配のないフィールドです。
でもまてよ、この前こっちの友人にコゲンモの1齢を数匹あげたんですよね。
その幼虫が1匹逝っちゃったと言ってました。確か餌はヒキオタマでしたよ。
まいったな~。

マルコとヒメフチの情報ありがとうございます。
今年初チャレンジです。
僕はバカの一つ覚えみたいにホンゲンばっかりなので、新たな道を構築せねば。


今日休みで、久しぶりにフィールドを見に行ってきました。
ホンゲン♂×3、♀×1確認でき、キャッチ&リリースしてきました。
今回は何故か傷物ばかりで、触角が切れてたり後足のオールが少し切れてたりと。
まあ、今年も子孫繁栄がんばってくれよな~と心でつぶやきながら。
今年は雨が多いせいか、どこも水量が多く水深も深くて大変でした。
ついでにヤゴは、オオシオカラ、ネキトンボ、タカネトンボ、オオルリボシ、
ギンが大量にいました。

上へ戻る
 
No.2627: no_title 
HN:  しん  2010/04/26 21:33:23  
 ゲンゴロウ  
皆さまご無沙汰しております。
今私はDNAの研究などを色々しています。毎日勉強が多くてなかなか書き込みができない…汗

スピリットさん
私もオタマをヒメフチに与えたことはないので何とも言えませんが、餌はナミゲンに使えるのであればヒメフチにも使えるのではないかな?というのが自分自身の飼った印象です。

ちなみにヒメフチは

1令 イトトンボヤゴ、メダカ、赤虫、水虫、ちいさなヤゴなど
2令 アカネ系やシオカラのヤゴ、メダカなど
3令 ドジョウメインにシオカラやオニヤンマのヤゴなど

で飼育していました。参考になれば幸いです。

ちなみに私の南方系ゲンゴロウたちはホルマリンの影響がないところで飼育しています。交尾が見られなくなり、セリも齧った後すら見られないのでやきもきしているところです…。早く産卵してほしいですね笑
上へ戻る
 
No.2628: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/28 22:25:52  
 ゲンゴロウモドキ  
皆さんこんばんは。

初期の不安もどこへやら、我が家のコゲンモ幼虫も第20号まで出て来ております。
とは言うものの「こいつは無理だろーなぁ」といきなり感じるようなひ弱くんも
それなりに。
なんとか「起死回生」に結び付けたいところですが・・・・・
産まれて即体曲がってるなんてのは、どー考えても無理でしょうねぇ。(苦笑)

とか何とか言いつつ、出来る限りの手立ては打ってやろうかと考えてはおりますが。

話は変わって同定不能のサンちゃん幼生、爆食のコゲンモ幼虫ですら、
「あんたらにゃぁ勝てんわ・・・・・」と言う勢いでオタマ喰いまくっています。
そのわりには一向にでかくなっている様子はなし、喰った分のたんぱく質は何所に
消えているのやら。
意外にミズムシはお好みではないようで、最初にぶち込んだほぼ全数が残存。
「ならば」っつーことで、コゲンモ2齢くん達のカップに放り込むと・・・・・
『がぶちょっ!』と瞬殺でした、あー。

まあなんとゆーか、
「好きなだけ喰って、さっさと3齢になって、んでもってとっと潜ってくれ」
ってな感じです。
上へ戻る
 
No.2629: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/28 22:32:16  
 ゲンゴロウモドキ  
どうでもいいような話なのですが。(大苦笑)

げんごろ幼虫は『がぶちょっ!』ってな感じですが、サンちゃん幼生は・・・・・
「オタマが眼前すーーーー、、、、、『ばっくん!』」です。
上へ戻る
 
No.2630: no_title 
HN:  スピリット  2010/05/02 17:12:09  
 げんごろう幼虫  
たろうさん。-12についてです。

今頃になってまた復活話ですが、
ヒキオタマ被害結果ですが、2齢×1、1齢×2でした。
友人にあげた1齢はダメだったとのこと。でもこれは別の原因も考えられる。
今はもうヒキオタマは使ってませんが、3齢になるまで使ってた幼虫が上陸まで
しました。大きさもまずまずのサイズです。
アズマとコゲンモでは若干違うのでしょうか?
僕の経験からすると、両者共に生息地の気温、水温、繁殖・成長時期が大きく
異なり、餌や見た目の環境はそれほど大きな大差はないと感じてます。

なんこつさんの所はどうですか?ヒキオタマ食わせて生きてますか?

たろうさんの実経験ではアズマにヒキオタマは完全に有害ですよね。
私のとこではコゲンモでは絶対ダメとは言い切れないので中途半端です???

あと、はたしてコゲンモ3齢が40℃近くの水温で生きてられるか?ですが、
成虫でも最高28℃位までとのことですし、ダメじゃないかな~。

話は変わり、今年の第1号は、上陸7日目で掘り出してモニタリングのため
手作り蛹室に入れてますが、ようやく13日目で蛹になりました。
去年も一昨年も8日前後で蛹になってたので、ちょっと焦りましたが一安心。
さらに後続3号まで強制上陸完了。2号は凄かったですよ。土の上に置いて
1分足らずで潜ってしまいました。

しんさん。
遅くなりましたが、アドバイスありがとうございました。
ゲン属と同じと思ってよさそうですね。
DNAがんばって下さいね。

上へ戻る
 
No.2631: no_title 
HN:  たろう  2010/05/04 23:29:39  
 クロズマメゲンゴロウ  
スピさん

遅くなってすいません。GWはいろいろ疲れますねー。
今日あたりヤツは、例の場所攻めてるんですかね?

えーと、うちでの経験ですと茶漉し等の水量の少ない容器で飼育してた幼虫は死亡率100パーでした。ちなみに同所でとれたアカオタマ(ヤマ・ニホン)やシュレオタマはまったく問題なく使えてます。他の産地も数箇所使ったけどダメでした。
最初は死亡原因がわからずちょっと悩みましたが、餌からヒキオタマを除いたらほとんど死ななくなったので(うちだけじゃなく他のところでも)コイツはヤバイと判断しました。



上へ戻る
 
No.2632: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/05/06 11:39:47  
 げんごろう幼虫  
みなさんゴールデンウィークいかがお過ごしでしたか?
スピリットさん、蛹おめでとうございます。うらやましいです。
私の方は、3齢虫5日までネットで落札してヒキガエルオタマをあげていたので、この記事を見て、アカガエルオタマに切り替えましたが、10日目に死んでしまいました。
そのまえに死んだ1齢虫にもヒキガエルオタマは少量ですがあたえていました。
ただしそれを与えたからすぐに死んだ訳でもありませんし、
私の場合は情けない話ですが未だ、土に潜るとこまで、成功していないので他に原因がある可能性もあるので、何とも言えません。
唯記事を読む限りですと、出所の怪しいヒキオタマは使用しないに限るかなとおもいます。
現在はまた後から生まれた幼虫をあきらめずに、飼育中です。今回は基本に忠実にアカガエルオタマで2齢虫6匹、1齢虫2匹です。容器も以前のもにくらべ大きめのに変えて、一応順調に育っています。
上へ戻る
 
No.2570: コゲンモ孵化 
HN:  スピリット  2010/03/17 23:32:52  
 げんごろうもどき 
スピリット
皆さん、こんばんは。春のホットニュース!!!

先ほどコゲンモ雌の様子を見ようと植物をかき分けてたら、
なんと1齢幼虫がいました。いつの間にか産卵・孵化してました(^^;)
ところがいくら探しても1匹しか見あたらず、まだどこかに産卵してあるに違いないと思い、全部出して大捜索・・・。怪しいのは、ブヨブヨボロボロのホテイでした。とりあえずホテイだけ別容器に出して経過観察することにしました。

ってことで、今年第一号のコゲンモは特別養成ということで。
GOODタイミングでヤマアカの卵も続々とオタマになってて、今早速1匹食らえ付いてます。
No.2571: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/03/18 20:56:24  
 ゲンゴロウモドキ  
スピリットさん、こんばんは。

いきなり幼虫登場ですかぁ、少し(かなり(笑))うらやまし。
うちのコゲンモねーさんは見る限り音沙汰なし。
お楽しみ最中&交尾栓は確認済なので、スタンバイ状態の筈。

なんちゃらかんちゃら水草とセリぶち込み、今か今かと期待はしているのですが。

やっぱ「くそ寒過ぎる地域」では遅れてしまうのですかねぇ。
今も雪降ってるし・・・・・

「頑張れ!、うちのコゲンモねーさん」と言った感じです。(笑)
上へ戻る
 
No.2572: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/03/23 19:19:42  
 ゲンゴロウモドキ  
フォッサマグナ
とか何とか言ってたら、本日、第一号産卵痕発見。

その後コゲンモねーさんの表情見ていると・・・・・
「やるときゃやるんだから、ガタガタ騒ぐんじゃねーよ」と言った風情です。

「どーもすんませんでしたぁ!」と心中で呟き、とりあえずもーちょい産むまでは
放置と決定。

明日以降の『爆産!!!』に期待です。
上へ戻る
 
No.2573: no_title 
HN:  スピリット  2010/03/23 22:28:01  
 げんごろう幼虫  
フォッサさん、こんばんは。
ねーさんやりましたね。おめでとうございます。
やっぱ放置が一番ですね。でも家の場合、放置し過ぎていつの間にか幼虫が出て
きちゃいましたが・・・(^_^;)
その後、南米コナギを再度よーく見たら数カ所産卵跡がありました。
でも、もしかしたらもうみんな孵化して出ちゃったのかも?
1匹の幼虫を発見した時には既に1匹しか残らなかったのかな~?
発見後約1週間経過してますが、その後幼虫が出てこないので。

産卵した水草容器ですが、やや暖かい部屋に置いて日中適度な光を与えて
孵化を早めた方がいいですよ。寒い玄関などで低水温だと孵化まで1ヶ月以上
かかる場合もあります。植物が持てばいいですが難しいでしょう。

1週間経過した幼虫ですが、順調に成長してやや大きくなりました。
何しろ虎の子ですから、超過保護かも(笑)


上へ戻る
 
No.2574: no_title 
HN:  そーるわん  2010/03/24 00:55:45  
 そーるわん  
スピリットさん、フォッサさん、こんばんは。
そしておめでとうございます。虎の子とねーさん。
うおおっ。
忙しくなりそうですね~。
上へ戻る
 
No.2575: no_title 
HN:  スピリット  2010/03/25 23:15:35  
 げんごろう幼虫  
スピリット
そーるわんさん、レスありがとうございます。

今日、第1号のトラが2齢に脱皮しました。さっそく撮影したので、貼ります。
サイズは20mmオーバーってとこです。
1齢時でヤマアカの小さいオタマ21匹攻撃、19匹は確実に食いました。
今回はひき続き2齢、3齢も正確にモニター予定。
飼育数が多い時って数えてる暇がないですよね、今回は真面目に記録してます。
私はホンゲンに関してはかなり数をこなしてるので、データが豊富ですが、
コゲンモはまだまだ乏しいです。だた過去3年の経験から言うとホンゲンより
成長速度(期間)がとにかく早い印象を持ってます。
上へ戻る
 
No.2576: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/03 21:58:38  
 げんごろう幼虫  
スピリット
皆さんこんにちは。

コゲンモ1号が、昨深夜3齢に脱皮しました。
2齢時の捕食は、小さなオタマ49匹という結果でした。
まだ真面目に数えてます(^^;)
いよいよでかくなってきましたよ~。

皆さんの所ではどうでしょうか?
上へ戻る
 
No.2577: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/04 13:42:31  
 げんごろう幼虫  
こんにちは、私のところの幼虫も3齢になりましたよ。孵化3/17、オタマジャクシ33匹 2齢3/27 オタマジャクシ54匹 3齢 4/4といった感じです。
若干成長が遅い感じがします。

またあとから生まれたものは、試しにお玉と赤虫で育てていますが、なぜかわかりませんが、半分くらいは死んでしまっています。 
上へ戻る
 
No.2578: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/05 21:23:29  
 ゲンゴロウモドキ  
スピリットさん、ナンコツさん。
コゲンモ幼虫すくすく成長、何よりです。

んでもって寒冷地方面はどうかと言うと・・・

本日コゲンモねーさん個別産卵容器の状況確認したところ、そこそこ追加産卵の
確認が出来ました。
卵現認は数個にとどまりましたが、産卵痕らしき切れ込みは多数。
しかし、シャープの産卵痕は「ぶっ刺し痕」だけなので非常に判り辛い。
視認出来ていない箇所もかなりあるかも知れません。
ちなみに1発目の卵は徐々に膨らみつつある様子です。

とりあえずこれ以上の「放置」も何だかなぁ~、と言う状況になってきたので
産卵床用の「某スーパーにて『一束128円の食用セリ(笑)』」を回収。
また職場近くではようやくヤマアカが産卵開始。
早速一部を餌用回収、あとは幼虫孵化を待つのみと言った状況です。

あと、朝の気温が氷点下2~3℃程度で収まって来たのを機に、ホンゲン衣装
ケースを表に出し、ヒメフチ・コガタノ容器のヒーター温度設定をやや上昇。
そうこうしながらタガメマンションを見ると、1匹が甲羅干ししています。
もう冬眠開け?、ちょっと早過ぎるんですけど。(まだ自然餌確保困難なのに)

そんなこんなで、ぼちぼち雪遊びからげんごろモードへの切り替え時期になって
参りました。

とか言いながらスキーの方も、もう1大会有ったりするのですが。(苦笑)

4月はなんか忙しいです。(再度苦笑)
上へ戻る
 
No.2579: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/15 23:20:13  
 げんごろう幼虫  
スピリット
皆さん、こんばんは。
ナンコツさん、フォッサさんコメントありがとうございます。

このスレットが、コゲンモ日誌と化してますが。。。
今年1号の3齢が12日経過しました。たぶん明日あたりには上陸準備の
拒食に入ると見てます。
もういろいろ大小食いまくり、3齢時今日までに54食です。
ブクブクに太って、全長約6cmいい感じです。幼虫期トータル122食!

その後、2号、3号は2齢になり、それ以降もだらだらポツポツと孵化が続き、
1齢のオチビちゃんから上陸間近のブクブクくんまで勢揃いです(^^;)



上へ戻る
 
No.2580: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/16 11:08:22  
 げんごろう幼虫  
スピリットさん
順調に飼育されているようで、さすがと言った感じです。

フォッサマグナさん
地域によって全然飼育環境の違いに驚きです。

私の上陸させた3齢虫は上陸2日目ですが土に潜らず。
黒くなってぴくぴく動いています。
まだ早かったのかな?とおもい水に戻すと餌を取る気配がなく、
全く動かなくなってしまい。
このままではまた殺してしまうと思いまた、土に戻しています。
もうどうすればいいのか解らず完全に解らない状況です。
上へ戻る
 
No.2581: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/16 15:08:47  
 げんごろう幼虫  
ナンコツさんへ。

その幼虫が救えるかどうか分かりませんけど、一応対策を考えましょう。

土に潜らないこと自体が異常ですが、黒くなってピクピクという姿は
蛹化前のような感じなのでしょうか?
できたら、写真を貼ってくれると分かりやすいのでお願いします。
文字だけですと、人によって表現が違うせいかうまく伝わらないので。

その幼虫の外観ですが、頭部が曲がって、胴体がエビぞりとは逆に内側に
丸くなる感じ?全長も縮んで丸みがでてる。
6本足は機能してないような感じですか?
通常ですと蛹室を作った後に中でそうなるのですが。

まだ生きてるなら、人工蛹室を作って下さい。
土に十分な水分を与え、やや深く丸い穴を固めて、絶対崩れないように。

幼虫を人工蛹室に入れる時、乾いた素手でさわらないこと。昆虫は体温が
低いので、人間の体温でも触ると凄いストレスです。
やむを得ず触る時は、手を水で濡らすといいですね。

3齢時の餌は何を与え、何食しましたか?
幼虫~蛹~成虫には、十分な栄養補給が必要です。

土の種類、湿り具合も教えて下さい。
 
今後のために・・・。
強制上陸のタイミングはどのように判断しましたか?
拒食が始まって、24時間以上経過して、本当に餌を嫌がるか確認。
(細い棒の先に、ミルワームでも付けて口元でフリフリします。)
噛みつくようではダメです。全然興味なしという態度ならOK。

ちなみに、家の3齢幼虫は予想に反して、今朝まだ食うぞと、ドジョウに
食らえ付きました。

通常、拒食して1日から2日後に強制上陸です。
慣れてくると、何となく分かってきて半日で上陸させて成功しますけど、
これはお勧めできません。逆にたちの悪い個体で、上陸と水中を繰り返し、
4日後ようやく潜ってくれたなんてこともあります。



上へ戻る
 
No.2582: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/17 10:04:03  
 げんごろう幼虫  
ナンコツ
スピリットさんありがとうございます。
ご意見参考にさせていただき早速やってみました。
写真じゃわかりずらいので状況補足させていただくと
この幼虫は3齢の餌状況ですがお玉65匹 小赤2匹 メダカ15匹ですので結構食べているみたいです。

体制は背筋状態(逆エビ)後ろ足動かずで触覚をかすかに揺らす程度
体長は下腹部が丸くなっています。

霧吹きで土に水(日干し)をあげていますが、成体にかかってしまうんですが平気ですかね?



 
上へ戻る
 
No.2583: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/18 20:06:28  
 ゲンゴロウモドキ  
ナンコツさん、こんばんは。

潜る潜らないとは内容がずれてしまうのですが、写真を拝見した印象だけで
申し上げますと、土量が少な過ぎる(浅過ぎる)感じがしてなりません。

写真の写り加減での勘違いかも知れないのですが・・・・・
コゲンモでも最低5~6㎝は必要かと思います。

あと、私のつたないつたない経験では、コゲンモは結構上陸即潜りの印象が
あります。
ひねくれたホンゲンはなかなか潜らなかったりし、やきもきさせてくれる場合
多々ですが。

で・・・・・

うちのコゲンモ卵、全く音沙汰なしです。(悲)
初期産卵分は全く発生の様子なし、第2弾はそれなりにセリが膨らんでいるので
何とかなるかとは思われるのですが。

今年の気候に完全にやられているような気がしてならない今日この頃です。
上へ戻る
 
No.2584: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/18 21:27:43  
 げんごろう幼虫  
スピリット
ナンコツさん
遅くなってゴメンナサイ。
3齢から上陸まで10日という短期間。そして写真拝見したところ、残念ですが
ダメそうですね。病気みたい?に見えます。でも僕の素人診断ですから、真に
受けず、先日教えしたように人工蛹室で様子を見て下さい。

土全体に十分な湿りけがあり、湿度が維持できるよう蓋をしていれば、霧吹きは
不要です。

コゲンモは、上陸して約7日位で蛹になります。参考までに蛹化直前(6日目)
の写真を貼っておきます。

ついでに、
家のコゲンモ第1号は、14日目で強制上陸させ1時間後位に土に潜って
消えて行きました。後は待つだけです。

上へ戻る
 
No.2585: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/19 13:42:20  
 げんごろう幼虫  
渦中の件ですがやっぱり病気だったみたいで昨日ご臨終されました。
残念ですが残りの幼虫2匹に望みを託すほか無いようです。

フォッサマグナさん
スピリットさんの写真を見るかぎりですと私の穴はやっぱり浅いですね!
次はもっと深く掘ります。速く卵かえるといいですね!!

スピリットさん
幼虫の土潜りおめでとうございます!
写真を拝見すると土がわたしのピートモスとは違うようですが何をおつかいですか?またアドバイスにあったミルワームをピンセットッでゆらゆらしてあげてみたのですが一向に食べません、なんかこつがあるんでしょうか?
上へ戻る
 
No.2586: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/19 17:46:26  
 げんごろう蛹  
スピリット
ナンコツさん

やはり・・・残念でしたね。

前貼った写真の土は、山岳地で採取した土(赤玉土を崩したような粘土質)
を殺菌処理して使った例です。でもお勧めできません。
採集土は手間がかかるし、実際潜りずらそうでした。植物栽培用には最高で
したけど、ゲンブリには今は使ってません。
近年は、買ってきたピートモス又はクワガタ幼虫マットです。

土の深さは10cm位あった方がいいと思います。
掘り出してみると、たいてい底付近で蛹室を作ってます(掘り出す必要ないけど)
あと、土の湿り気はややびしゃびしゃ気味がいいように感じてます。
さらに固めずフカフカ状態にしてあげる方が早く土INします。

ミルワームのヒラヒラ確認?そんなテクなんてほどのことはないです。
ただ、細めの串の先に餌となる物を刺してるだけです。
これをピンセットで摘んでやると、でかく感じるのか怖がって逃げてしまうので。

↑今回貼った写真は、去年のコゲンモです。経過観察するため、上陸して1週間後
に掘り出して手作り蛹室で羽化させたもの。普段は、この穴の上にもプラ板で蓋
をします。羽化後4日位で自分の力で出てくるまで手出ししません。
特別理由がなければ、こんなこと真似しない方がいいですよ。

上へ戻る
 
No.2587: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/21 08:39:54  
 げんごろう幼虫  
スピリットさん
ありがとうございます。
さっそく串にさしミルワームてやってみます。
それと土ですが、昨年ナミゲンの時も若干湿っている程度の土でやっていたので、失敗したのかもしれません。
ともあれひたひた気味の土のほうがよいというのは良い情報ありがとうございます。
現在のコゲンモ幼虫ですが、3齢1匹、1齢1匹ですが念願の羽化めざしてがんばります。
上へ戻る
 
No.2597: コゲンモドキの餌 
HN:  ナンコツ  2010/04/13 00:34:24  
 げんごろう幼虫 
とっても悲しいことがありました。20匹ほど、コゲンゴロウモドキの3齢虫を飼育していたのですが、オタマジャクシをちょうど切らせてしまい、昨日到着(ネットで購入)した黒メダカを餌にあげたのですが、18匹が死んでしまいました。残りの2匹も弱ってしまっているようです。もともと飼育していたヒメダカや小赤などはオタマジャクシの合間に何度かあげていたのですが、なぜかわかりません。
汚染されていたのでしょうか?到着した黒メダカの水にカルキ抜きがはいっているかもしれなかったので、すべて汲み置きの水に変えていたので原因が全くわかりません。みなさんはこういった経験ありますか?来年のためにアドバイスいただけると助かります。
No.2598: no_title 
HN:  POKKUN  2010/04/13 12:40:48  
 げんごろう  
ナンコツさん、こんにちは。
コゲンモ残念でしたね、手塩にかけて世話をしている幼虫が全滅しまった時のやるせなさは何度か体験したことがあるので、お気持ちお察しいたします。

ゲンゴロウ類は種類によって適した餌、不適な餌がありますよね。
不適な餌の場合、食いついても食べずに放してしまったり、食べた後痙攣して死んでしまったり、いろんな状況を経験したことがあります。
また、せまい容器で個別に飼育していると、どうしても生き餌との生活密度も高くなって、体当たりなどの不慮のショックで死んでしまうこともあります。これは加齢や蛹化直前の個体などに特に顕著に感じました。

もし適した餌であって、事故などがなかった場合には、飼育温度の変化や、水替頻度不足による飼育水の汚れ(油膜などが張り窒息)、あとはやはり餌自体が汚染されていたと考えることもできます。

飼育環境などが分かりませんので、ありきたりのアドバイスになってしまいましたが、コゲンモにメダカや金魚を与えて羽化させたという話をわたしは聞いたことがないので、餌があっていないという可能性が高いような気がしますが、どうでしょうか?

上へ戻る
 
No.2599: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/14 11:21:44  
 げんごろう幼虫  
ナンコツさん
私もPOKKUNさんと同様の見解です。
そこで、私の経験を元に利用してる餌を書いておきます。
家では運が良いのか?未だバタバタと大量死したことはありません。
今年も順調で、皆元気に成長してます。
年に数匹若齢時に謎の死ってことがありますが、それは生命力がなかった
のであろうと諦めてます。
コゲンモに限定して書きますと、1齢~2齢~3齢初期までは、
全てアカガエルの小さなオタマです。
その後、小さめのドジョウ類、中サイズのオタマ、雑小魚(ヨシノボリ稚魚など)
シオカラトンボのヤゴなどが主食として与え、副食と言うか一時代用でヒメダカ
、コオロギの幼虫、ミルワームを与えてます。
ここで1つ、以前ミルワームの多用は好ましくないと教わったことがあります。

私は、どの種でも生息地にその生態の鍵があると思って、餌選びもその辺を
考慮してます。
フォッサマグナさんや私のように田舎住まいの愛好者は、本当はめんどくさいと
思ってますけど、可能な限り、天然採集餌を使うのが習慣?拘りみたいのが
あります。

少し話がそれますが、飼育数についてですが。
例えば、コゲンモ1匹の幼虫飼育で、軽く100以上の餌を消費しますよね。
これを50匹以上も飼育したら、餌の確保も大変なだけでなく天然餌を採集
すること自体に罪の意識を感じます。乱獲になると思うんです。
なので、家では必要適数しか育ててません。

私もありきたりのことしか書けませんが、参考になれば幸いです。






上へ戻る
 
No.2600: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/14 13:51:45  
 げんごろう幼虫  
POKKUNさん スピリットさん
返信有り難うございます。本当に感謝しています。
なにがうれしいかと言うと、もちろん皆さんの知識や経験を教えていただいたことはもちろんのこと、私のゲンの飼育ってかなり孤独なんです、私の周りに友人、家族に一生懸命育てた幼虫のことなんて話したってもちろん理解されることもなく、相談したくても出来ません。ですから皆さんのブログを読んだり参考書を読んだりして、日々自己消化してる訳ですが、私の半分愚痴のような書き込みにも親身に答えて頂ける皆さんの心意気が励みになり本当に感謝しています。
そしてこういった掲示板を作ってくださった。そーるわんさん有り難うございます。

話は戻って、コゲンモ幼虫ですが3齢虫が前記の通り、生き残り1ぴきのみが餌を2日ほど食べなくなったので、ちょっと早い気もしますが10日目で上陸させました。(かなり判断ミスのような気もしますが)
あとは2齢虫が3匹のみとなりました。オタマジャクシを確保するのが大変ですが
なんとか探したいと思います。近くにヤマアカガエルが生息していない地域での飼育の難しさを痛感しています。ネットでも出品数も少なく、しかも高い!
何かいい方法があったら直接メルいただければ幸いです。
また何かありましたら書き込みさせていただきます。
またもう少ししたら、ホンゲンの季節ですのでくじけず頑張ります。
上へ戻る
 
No.2601: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 20:06:59  
 げんごろう  
スピリットさん、ナンコツさん、みなさん、こんばんは。

今日も最近の休日恒例、雪遊び>近隣徘徊>酔っ払い状態、です。(苦笑)

>>フォッサマグナさんや私のように田舎住まいの愛好者は、本当はめんどくさいと
思ってますけど、可能な限り、天然採集餌を使うのが習慣?拘りみたいのが
あります。

そうですねー、それが結果的には羽化率まあまあ、に繋がっているような気もします。
しかしまあはっきり言って、車で5分の場所にて餌確保可能としてもやっぱ「めんどい」です。
厳密なコスト計算すると「却って高くついている」ような気もしますし。(苦笑)

>>これを50匹以上も飼育したら、餌の確保も大変なだけでなく天然餌を採集
すること自体に罪の意識を感じます。乱獲になると思うんです。

そうなんですよね~、中には餌生物の「天文学的大量発生地」も有ったりするのですが、
なんかこう釈然としない自分が居たりもします。
今年は繁殖シーズン初頭より「とりあえずまともな勤め人状態(爆)」と言う事もあり、
繁殖数・状況に応じ、多少の餌生物購入も考えています。
なので労力も含め、今年は「タガメ辞めるかなぁ?」とか考えたりもして・・・・・

閑話休題、

その後のコゲンモねーさんですが、128円食用セリ向け、まさに「ぼちぼち」産んでます。
決して「爆産」でもなく「産まねーなぁ」でもなく、「だらだらぼちぼち」。
しかし、今だ第1号孵化には至っていません。
気温の変動が激し過ぎ、果たしてこれからどうなることやら。

一昨日は汗かきつつ職場巡回、カナヘビ捕獲の蝶類数種確認が、本日は雪降り。
今春の天候には全くついて行けません。
上へ戻る
 
No.2602: no_title 
HN:  たろう  2010/04/16 22:54:39  
 クロズマメゲンゴロウ  
ナンコツさんはじめまして。
わんさん、お久しぶりです。

えーと、ものすごく詳しいみなさんがレスしてる中、ここ数年サボってるオレが横レスするのも気が引けるのですがたまには書いていいすか?

まず、ショップ等から購入した餌は2週間程度毒抜きしてから使うのが基本です。購入した餌は薬浴されている可能性が非常に高いのでそのまま使うのはNGです。これを徹底すれば(農薬汚染されてる恐れのある採集餌も同様)大量死のリスクをかなり低減できます。魚類には余り影響なくても昆虫には致命的な薬はいくらでもあります。

つぎに、メダカが不適だったんじゃないかとぽくんが指摘してますが、これは?です。自分はコゲンモ飼育経験が無いのでエラソーな事書けませんが、アズマとそんな大幅に変わらない気がするので魚類で羽化させるのは問題ないんじゃないかな?と勝手に思ってます。
アズマは、初令ミズムシのみ、2令以降魚類のみで羽化させられます。羽化率も生残率もちゃんとデータ残してないんで曖昧ですが差はあんまり無かった気がします。
もちろん、ちゃんと産卵してその子達も普通に育ちます。

ただ、オタマと違ってメダカは非常に脂分が多く、水面に油膜が張りやすいのでオタマと同様の管理では水質悪化による溺死を起こしやすいので、水換の頻度を上げるとか水量を増やす等の対応が必要です。それをしてなかったら大量溺死の要因になった可能性もあります。でも、生き残った個体は基本的に何事も無かったかのように復活するので、何らかの影響が残ってるようであれば薬物の可能性が高い気がします。

ナンコツさんの飼育状況を知らないのでなんともいえませんが、室温飼育の3令が(アズマと同じくらいと仮定すると)10日で上陸は有り得ません。28℃に加温して7日で上陸した事はありますが、通常はその2倍くらいが普通です。
なので、あくまでアホなたろうの予想ですが、何らかの薬がメダカに使われていたんじゃないかなーです。

どうなの?おまるちん?あの本買ったよ。

上へ戻る
 
No.2603: no_title 
HN:  スピリット  2010/04/17 00:05:20  
 げんごろう幼虫  
たろうさん、お久しぶりです。
待ってましたーって感じ。さすがです。
僕は逆にアズマをやったことないけど、そう変わらんだろうな~と想像してます。
コゲンモと違うのは生息環境の気温・水温で成長速度などが違うかなと。
シャープゲンモは、室内飼育だと1~2齢は僅か1週間、2~3も1週間、
3齢期だけ少々長いですね。
ホンゲン3齢は、室内飼育下では8日前後で上陸です。まあ、初夏時期ですけど。
ではまた。


上へ戻る
 
No.2604: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/17 09:49:48  
 げんごろう幼虫  
たろうさんありがとうございます。
購入した餌の管理、全く知りませんでした。2週間毒抜きするなんてどこにも書いていない情報なので(私の調べが甘いだけかもしれませんが)かなり勉強になります。水質管理をすればなんとかメダカだけでもやっていけそうなのも新情報です。
また上陸時期ですが通常であれば3齢になってから2週間程度要するのは知識としてあるんですが、どうしてもバタバタと死んでいく他の幼虫を前にして、かなり焦っていたと思います。
上へ戻る
 
No.2605: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/04/19 13:47:46  
 げんごろう幼虫  
追記
たろうさん
同じ黒メダカですが、コゲンモ成虫のケースにも一緒に飼育していたのですがが、どうやら成虫が食べたらしく、なんと成虫も死んでしまいました。
成虫は1ペアしかいないのでかなりの痛手ですがしかたありません。
購入した餌は必ずどく抜きをするということは必ず守らないとまずいですな!
勉強になりました。
上へ戻る
 
No.2606: げんごろネタではないのですが・・・ 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:32:59  
 げんごろう 
フォッサマグナ
皆さんこんばんは。

今日は全国的に真冬並みの冷え込み、と言いつつも、やはり春の足音は確実に・・・・・
本日休日にて自宅近辺徘徊して来ました。

例年よりも1週~10日遅れの花便りです。

まずはミズバショウ。
No.2607: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:34:49  
 げんごろう  
フォッサマグナ
ザゼンソウです。
昨年もお知らせさせて頂いたと思いますが、ミズバショウと同場所。
上へ戻る
 
No.2608: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:35:49  
 げんごろう  
フォッサマグナ
んでもって、やや遅れ気味ながらフクジュソウ。
上へ戻る
 
No.2609: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:38:08  
 げんごろう  
フォッサマグナ
そして・・・・・
GW頃には食べ頃になろうかと思われるコシアブラ(Atうちの裏庭(笑))
上へ戻る
 
No.2610: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:39:41  
 げんごろう  
フォッサマグナ
んでもって、うちの庭にもフキノトウです。
この後回収し・・・・・
上へ戻る
 
No.2611: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/15 19:41:44  
 げんごろう  
フォッサマグナ
3分後には「天ぷら」化し。(あえて衣の羽根付き(笑))
F氏の酒のつまみと相成ったのでありました。(爆)
上へ戻る
 
No.2595: シーズン開幕。 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/09 20:53:47  
 げんごろう 
フォッサマグナ
みなさん、こんばんは。

本日休日のため朝から雪遊び、その後午後はビールに走る予定だったのですが、
あまりのぽかぽか陽気に誘われビールはぐっと我慢、5ヶ月ぶりにホンゲン
ぽこ池&近隣水場探索に行って参りました。

で、ぽこ池の様子はと言うと・・・・・

さすがに水温はまだ低く息継ぎぽこりには至らない状況でしたが、ふと岸近くを
見るといかにも冬眠明け風のホンゲンさんを視認。
「ほいほい~~~っ」と長距離砲を短くして掬うと、今シーズン初の野生ホンゲン
さんにご対面と相成りました。

ちなみに今季初は「ゲン子ちゃん」。
まだまだかなりよたっていましたが、それでも網の中を必死の急上昇。
すぐに「これからやりまくって(笑)産みまくらんかいっ!」と即解放。

とりあえず今年もホンゲンぽこぽこ池は健在の様子です。

他ではコゲンモ餌用のヤマアカ卵塊一部回収、スジエビ天文学的発生池の確認
等々こなして来て、現在例によって酔っ払いです。

今年も「雪の上ではそれなりにかっちょいいおっさん(多分(爆))」から、
「網持ってそこらを徘徊している怪しいおっさん」への変身時期がやって来た
ようでございます。
No.2596: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2010/04/09 20:55:07  
 げんごろう  
フォッサマグナ
んでもって「解放後」の姿です。
上へ戻る
 
No.2588: コゲンモドキの幼虫の管理 
HN:  ナンコツ  2010/03/19 00:43:43  
 げんごろう幼虫 
私のところでも、昨日コゲンモドキの幼虫が生まれました。
いつも質問ばかりで申し訳ありませんが、幼虫カップの保管場所です。
現在はマンションのベランダの日陰(成虫の飼育場所)に置いていますが、水生昆虫飼育の本には温度が一定のところと書いてありましたが、室内だと室温は一定ですが、日光が全く当たらず、くらいので昼夜がありませんので、どうしようかと迷っています。
みなさんはこの季節どこで幼虫を飼育していますか?
No.2589: no_title 
HN:  そーるわん  2010/03/24 00:53:25  
 そーるわん  
ナンコツさん、こんばんは。
コゲンモの幼虫おめでとうございます。

僕はどうもゲンモの飼育繁殖が苦手で、ことごとく失敗して全滅するので手を出すのをやめてしまいました。
貴重なおたまをたくさん与えて、あげく3齢とか上陸後に死なせちゃったりしてすごい凹みました。

なので僕はちょっとよく分からないのですけど、日光が当たるか当たらないかであれば、まだ当たらない方がいいように思います。
南限種でもれっきとした北方種なので、温度があがってしまうより昼夜がない方がまだいいのかなあと思います。

よりによって僕のレスでごめんなさい^^;
上へ戻る
 
No.2590: no_title 
HN:  ナンコツ  2010/03/25 14:15:16  
 げんごろう幼虫  
どうも有り難うございます。
お話から察するにかなり飼育は難しそうですね、とりあえず涼しい室内に入れようと思います。
餌はやっぱり、オタマジャクシじゃないとだめなのでしょうか?

上へ戻る
 
No.2591: ミズムシの保存 
HN:  のうたん  2010/03/23 11:27:51  
 げんごろう 
いつもお世話になっております。
先輩方に質問があります。

シャープの幼虫の餌として、友人からミズムシを送ってもらいました。
ミズムシは初めて見ました。

いくつかのケース(30センチ×30センチぐらい)に分けました。
水深は6~10センチぐらい、枯葉、水草などを入れました。

たくさん送ってもらい、嬉しかったのですが、少しずつ死んでいきます。
適正生息密度があるみたいに、どのケースも少し生存してます。

質問は、
①適正生息密度があるのでしょうか?
②あるとしたら、どのようにしたらしたらいいのでしょうか?
③長期飼育のお勧めの飼育セットがありましたら教えて下さい。

ちなみにシャープは、未だ卵なので、・・・せっかくいっぱい送ってもらったのに、使わないうちに、残り少なくなりました。
もう1度送ってもらうか、自分で採取する予定ですが、良い方法がなければ、アカムシにしようと思ってます。

皆様宜しくお願い致します。

No.2592: no_title 
HN:  そーるわん  2010/03/24 00:54:10  
 そーるわん  
そーるわん
のうたんさん、こんばんは。

ミズムシ、ちょうどうちでも飼ってます。45*30*15cmくらいの発泡ケースで採集地で採った落ち葉が適当にはいってます。
冬のあいだはずっと外に出していて最近室内に取り込んだのですが、それでも全体的に少し大きくなったり増えたりしているようです。
どのくらいいるのか分からないですが、大雑把にみてこのケースで100-300匹くらい…でしょうか。

自然下で観察すると、ほんの数cm四方にそれこそひしめきあうくらいうじゃうじゃしていますが、そういうところの水はたいていすごく緩慢とした染み出し水や湧き水なので、そこからなにか栄養分なり溶存酸素なりを取り込んでいるのかもしれませんね。
数が多いようであれば、分散するか金魚のブクブクをいれるか温度をさげる(低代謝)かするのもいいかもしれませんね。水温高いよりは低い方が、はるかにはるかによさそうです。
あと、腐葉土や落ち葉、底敷を泥状にしてあげるのもいいと思いますよー。
上へ戻る
 
No.2593: no_title 
HN:  のうたん  2010/03/24 09:15:40  
 げんごろうもどき  
そーるわんさん、早速のご教授、有難う御座います。

確かに自然下ではうじゃうじゃいますよね。
そうすると、やはり密度が決まっているのかな。

採集地の枯れ草みたいな物を大量に入れてますので、隠れ家はいっぱいあるのですが・・・。

ブクブクを入れるのが良さそうですね。
もしくは、タッパに入れて、冷蔵庫とか?

次回大量に手に入ったら、実験してみます。
上へ戻る
 
No.2594: no_title 
HN:  そーるわん  2010/03/25 00:26:47  
 そーるわん  
いえいえ、もうとんでもないです。密度、どうなんでしょうねぇ。
密度に比例して要求量の増える何か、はありそうですが、それがなにかというところですよね。
そういえば効いているかどうか分からないのですが、僕はエサにビール酵母をあげています。
あと個人的には鉄分いれて実験してみたいです。
上へ戻る
 
総スレッド数= 3544 / アクセス数= 269368
[<] [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20[21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37]  [38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47]  [48]  [49]  [50]  [51]  [52]  [53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [>] 
2010.05 this board was made of soulBBS
 
 
    
 
 
トピックリンクロゴ
 
 
 
 
 
 
 
recommendation
recommendation

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS!

開設マークロゴ