泳げ飛べ歩け! - おきらく掲示板 (せんもん掲示板はコチラ

'10.05リニューアルされました。ルールブックガイドブックをお読みの上ご利用ください。
新規投稿
 
総スレッド数= 3544 / アクセス数= 280438
[<] [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37[38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47]  [48]  [49]  [50]  [51]  [52]  [53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [>] 
No.1566: 小学校の池 
HN:  凱人と母  2008/10/09 21:04:33  
 ガムシ 
そーるわん様

その節は本当にお世話になりました。凱人が小学校でゲットしたコガムシのがんちゃんは、毎日立派に浮き藻の根の掃除をしながら土っぽい排泄を心置きなくし、なんて手のかからない子なのかと主人と感心しきりです。
その後、とあるビオトープで初めて生きているゲンゴロウと水カマキリを一家でみつけ全員感動し、飼育できると良いね発言(男性陣)です。

実は明日、小学校の生活の授業で池などで昆虫採集するそうです。今日は他のクラスが実施、ヒメゲンゴロウか灰色源五郎だかを凱人の友人が持ち帰り、我が家まで見せに来てくれました。プラスチックケースの壁に上るんです。思い切り手に乗せて触りまくるは、あのお尻の泡を針とかでつついたら割れるよね・・等と話す小学生の発言は怖いもの知らず。両家共に普通のプラスチックの飼育ケースに水と藻で2日あたりで水換えのお子様管理の飼育(親監修)です。がんばれ生き物!

・・・結婚後、田んぼが近所の生活にふれてここまで来てしまいました。ケリとかコサギとか大きい鷺とか毎日会うは、昆虫採集する授業はあるは、下の子は田んぼに落ちるは・・・ここはやはり、ガシャガシャしに休耕田に行くべきなのか、ご近所に変に思われないか・・母は軽く悩み中です。
No.1567: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/11 14:48:10  
 そーるわん  
ああっ、凱人くんと凱人くんのお母さん!
コガムシの羽化報告ありがとうございます。羽化報告も嬉しいですが、お母さんの文章が最高です。なんですかこれ、あちこちに悩みがちりばめられているのになんで読後感が楽しいんでしょうか。ワザですか、もーツボです。

コガムシの名前はがんちゃんというのですね。いやーいい名前です。
あれからどうしただろうと思ってちらりちらりと気になっていたのですが、そうですかー、うまくいってよかったですねー。
お母さんのところはなんだかこのままだとアッというまに昆虫だらけになってしまいそうですね。でもなんだか楽しそうです。勘違いかもしれませんが、すごく楽しそうです。
ゲンゴロウ、飼えるといいですねー(男性陣に参加)。

そうそう、そろそろ冬ですが、がんちゃんはどういうふうに飼われる予定ですか?

ちょっと余計なことかもしれませんが、自然界ではもうこの時期、どんどんコガムシは見れなくなっていきます。
でも決して寿命でみんないなくなってしまうわけではありません。
コガムシは意外と冬越しが大変というか、まだまだ分かっていない部分が多いです。

うちでは普通に飼っていると冬を乗り越えられない個体が多いので、前回コガムシを2匹、強制的に陸上越冬させたところ、春には2匹とも元気に飛び出てきました。でもたまたまでしょうか。
もし自然下でも陸上越冬だったとしても、どういう条件や環境でそうしているのでしょう。
今回はまとめて陸上越冬させてみようと思っています。

なので、どういう風に飼ったらいいかおすすめできなくて申し訳ないですが、ひょっとしたらがんちゃんは今までどおり屋内で飼ってあげた方がいいのかもしれません。
それとも凱人くんと相談されて、もし興味があれば僕と一緒にそのやり方で、冬越しに挑戦してみますか?

よかったらちょっと話してみてください。また母の悩みが増えるかもしれませんが。。
上へ戻る
 
No.1568: no_title 
HN:  凱人と母  2008/10/12 10:22:07  
 ガムシ  
そーるわん様。

お返事並びご教授ありがとうございます。早速ですが・・・凱人と相談してます・今。「いろいろおしえてくれて、ありがとうございます。まだなやんでるから、もうひとつ教えてください。陸上越冬はおうちでやるのかな。お外ですか。土の用意と落ち葉で準備完了かな。よし、きめた!陸上越冬する。まだ遊びたいし、もしかして死んだら悲しいから。写真もとらないとね。もう、やってもいいのかな、土にのせたらさわってだめかな。(←だめでしょ!)」以上、横にいる凱人8歳からのメッセージです。

そうそう、生活の昆虫採集は残念なことに1匹見つかった小学校の灰色ゲンゴロウが友達の手に渡り、凱人は空のケースで帰宅しました。連絡帳に担任から「がっかりしてふてくされ・・云々」の文と本人報告(泣いたんだよ)で、「もう田んぼは刈り取りだから来年さ(笑)」と説得。夕刻に字道でがさがさすればアメンボばかり。昨日は幼稚園の運動会で、今日は今から子ども会のお祭り。なかなか時間がとれませんが、皆さんの足元にも及びませんがもう少し探る予定です。

小学校でたくさんいて簡単にゲットしたコガムシたちは、今回まったく見当たらなかったようで、いるのはコミズムシと灰色ゲンゴロウとアメンボとカエルとヤゴ(←いっぱいいた!)だそうです。季節によって生き物も移り変わるのですね・・・しかしコガムシってカブトムシ幼虫並みの排泄でわが子のベビー生活を思い起こせます。
上へ戻る
 
No.1569: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/12 19:38:23  
 そーるわん  
コガムシ排泄すごいですよね。僕もいつも食べていつも出してるイメージがあります。
コがつかない方の出し入れを見慣れると、なんでもなくなってしまいますが。。

凱人くんはやさしくて責任感のあるコですね。一緒にやってみましょうか、陸上越冬。
うまくいくかもしれません。もしかしたらうまくいかないかもしれません。
でもうまくいったら、来年からコガムシはもっと安心して飼えるね。
おじちゃんも頑張るから凱人くんも少し覚悟してね。

ちょっと当時の資料とか探してみます。メールしますね。
上へ戻る
 
No.1548: げんごろうとは少し離れますが・・・ 
HN:  フォッサマグナ  2008/10/04 23:01:17  
 げんごろうもどき 
本日、魚探しに若干遠征してまいりました。

目的は「国産地物のタナゴ」。
要するにタイバラでもオオタナゴでもなく、国内移入種でもない純正のやつ。

幸いにしてヤリタナゴを数匹確保、また同場所で、並・シマ・ホトケの3ドジョウも
生息を確認。

そして・・・・・ なんと「イバラトミヨ」まで網に入ってしまいました。(驚)
当然保護地域でも何でもない場所です。

わたし本人だけでなく、網まで驚いてしまったのか、その直後前述の「シャフト折れ」と
相成ってしまいましたが。(笑)

こちらに来てから魚系はげんごろ以上に色々と発見出来、一人勝手に喜んでいます。

シナイモツゴ・メダカの空前絶後的生息地も見つけたし。

「人生半分捨てた」甲斐が、多少は有ったようです。(爆)
No.1549: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/05 01:05:21  
 げんごろう  
フォッサマグナさん

こんばんは。水生昆虫をやってると魚類とは切っても切れない仲になってしまいますよね。
私のフィールドでもヤリタナゴとメダカが採れる所があります。1カ所しか知りませんけど。(ヤゴ探ししてる時偶然見つけました)
ホトケドジョウですが、ほんとにホトケですか?こちらにもホトケそっくりのヒメドジョウの多産地域があります。それはもうどっさりいますので、ゲンゴロウ幼虫飼育時期の餌としても利用しました。
繁殖力も強く、泥水でも夏場の温水でもへっちゃらなので飼育も簡単です。ようするにほったらかし状態(笑)
ヒメドジョウはもともと韓国からの移入らしいですが、ホトケドジョウとの見分けが専門家でも難しいらしいです。
ではまた。
上へ戻る
 
No.1550: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/10/05 14:12:57  
 げんごろうもどき  
トミヨまで生息している、かなり流速のある、かつ低温の湧水起源(らしき)川なので
間違いなくホトケかと思われます。

色もかなり濃いと言うか黒味が強かったので。

前在住県近辺でも湧水のある場所には結構生息していましたが、持って帰ると
殆どが夏の暑さにやられてしまってました。
こちらに来て、連れて来た何匹かがやっと夏越し出来ましたが。

ちなみに今の我が県ではなぜか非常に少ないようです。
いまだに県内ではお目にかかっていません。

上へ戻る
 
No.1551: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/05 22:59:53  
 げんごろう  
フォッサマグナ様。
了解です。ならばホトケですね。ホトケドジョウ属は顔がかわいいですよね。フォッサマグナさんのフィールドは、どの辺がメインですか?大きな県なので・・・私はもっぱら北西部山岳地一帯をぐるぐるあちこち探索してます。○○岳の方は来られているのでしょうか?どうでもお答えしなくてもいいので、雑談と言うことで。
上へ戻る
 
No.1552: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/10/07 22:15:37  
 げんごろうもどき  
スピリットさん。

現在住地がかなり北の方なので、そちら方面には若干距離があり、残念ながら
いまだに遠征したことが有りません。

一度行ってみたいとは思ってはいるのですが・・・・・

やはり比較的近距離の北・中部方面及び北の隣県への出動が多いです。
あと、タガメ餌確保を兼ねて我が家の近所の様子探りと言ったところでしょうか。
また、野タガメの顔が見たくなれば、前在住地方面への遠征と言うことに
なるのでしょうね。

ちなみに今度の3連休は、坊主覚悟でコゲンモ探しに行こうかなどと考えています。
採集禁止県以外でも見つかりますかね~。
採集禁止県にはパンターニというか(ちょっとマニアック過ぎ表現?)、母を
尋ねて三千里も居るとか言う話ですが・・・・・
上へ戻る
 
No.1553: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/07 23:38:48  
 げんごろうもどき  
フォッサマグナさん。

そうですか~では私の所からじゃかなり遠いですね。

フォッサマグナさん、フィールドワークがんばっていらしゃいますね~。
コゲンモですか、うん~。あるHPで見たのですが、3年間がかりで探し続けてやっと採ったなどとありましたね。
そうかと思えば、私の場合、長期出張中で現地休暇時に貴重種のヤゴを求めて探検していたら、偶然にもシャープが数匹網に入りました。当時はまだゲンゴロウ類の知識が浅く、ちょっと変わったゲンゴロウだな~(背中に筋がある♀)と、まあ自分の県でもゲンゴロウ類は珍しいから♂♀各一匹だけ飼ってみるかと持ち帰り、後に幻の水生昆虫であることを知り、すごい高価値があることに驚いたしだいです。
探すポイントは、天然の冷たい山水が年中流れ込む湿田、休耕田ですね。
同居する生物は、ヤマアカガエル、メダカ、イモリが沢山いる所。
たいてい山間の農道のかなり奥地ですので、場所を見つけるのが難しい
でしょうね~。その後(今年の春も)、幼虫を見つけたりして、今も成虫を飼育してます。
がんばってみて下さい。




上へ戻る
 
No.1554: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/11 14:43:12  
 そーるわん  
フォッサマグナさん
今頃はちょぅどコゲンモ探索中でしょうか。見つかるといいですねー。
母を尋ねて三千里(笑)
上へ戻る
 
No.1555: 自作タモ網SR-3型 
HN:  スピリット  2008/10/05 00:45:05  
 げんごろう 
スピリット
そーるわん様

度々の連貼りで失礼します。またご要望にお答えと言うか、半分自慢みたいで、ごめんなさい。。。
私の自作タモ網はMR-1型から始まり、今最強作のSR-3型まで改良を重ねました。数百回の経験から生み出した、フィールド実戦仕様です。絶対の信頼をおける傑作と思ってます。

網枠(フレーム)は6mm径のステンレス棒を曲げ加工で作り、網は2mmのソフトワイヤーを通して成形し、フレームに0.8mmステンレスワイヤーで巻き付けて取付けています。一番難しいのは、フレームと柄の結合部分です。結合部の中に合成樹脂製のコルクのような物を削りだしで作りました。この新作はこの部分から着脱可能にしました。理由は、柄棒が1.3mのアルミニュウム合金製パイプでして、車のトランクに横置きが不可能だからです。

同等の品を既製品で買うと6000円~8000円位でしょうか。でも私に言わせると、既製品の網枠フレームは大きすぎて植生豊かな水辺で狭い隙間などでの作業が困難です。またフレームが大きいとそれだけ底泥や沈殿物が沢山入り、網が負けてしまいます。さらにタモ全体の重量も重いので持ち歩きもちょっと・・・なので私は適度な大きさを考えて作りました。でも既製品も買って持ってます(笑)それに絶対負けない機能を要求して専用網として作ってますので。

No.1556: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/11 14:39:34  
 そーるわん  
すごいのきましたっ。
めちゃめちゃ頑丈そうです。めちゃめちゃ高級そうです。めちゃめちゃ使いやすそうです。
詳細な解説もありがとうございます。
とても参考になりました。でもステンレスの折り曲げ加工とか、削りだしとか、えーとえーと、本格的過ぎてほぼ真似れません!
スピリットさんの工作技術はもはや匠ですね。
上へ戻る
 
No.1541: ゲンゴロウ飼育容器 
HN:  スピリット  2008/10/03 23:24:40  
 げんごろう 
スピリット
そーるわんさん、皆さんこんばんは。

ゲンゴロウを飼育する上で重要な容器についてですが、既製品の水槽や昆虫プラケース、コンテナボックスと様々ですが、問題となるのはやはり蓋のようですね。(専門掲示板にも質問がありましたね)
家は飼育個体・種類ともに多いので上記全てのケースを使い分けしてます。そこで、一番お気に入りはやはり目的に合わせて自己改造した容器(頑丈なコンテナ)です。しかし、結果的には既製品の網蓋の方が安価です。工作するには資材、工作機械(工具類)それを扱う技術、手間と時間もかかり、めんどうですが要求を全て満たします。また大型容器となると作るしかないですよね。
写真は、今年初夏に作った55cmコンテナ容器ですが、一番簡単な例です。蓋は、空調の為切り抜いて、塗装した金属製網をブラインドリベットで固定しました。 今2作目を作っていますが、全てにおいて前作を上回る品にします。容器もさらに大型化、今度は蓋全体を作りました。中の区画板、ろ過ポンプなどの設置方法も全面改良してます。
私は機械工作は得意技ですが、品質を高くしようとすると資材費用が高くなってしまいます・・・(涙) 完成したら写真を貼ります。
その他、水生昆虫捕獲を目的に専用タモ網なども自作してます。頑丈かつ長寿命な品で、これも3作改良し、自信作を愛用中です。
No.1542: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/03 23:48:11  
 タガメ卵塊  
スピリット
続き
ついでにもう一つご紹介させて頂きますと、大型睡蓮鉢の蓋です。これは円形ですのでけっこう苦労しました。(グッドアイデアがなかなかわかなくて)この睡蓮鉢は、家では一番自然界に近い状況の飼育です。
外置きしてますから、夏は暑く冬は寒い。睡蓮など水生植物も元気に育ってます。でも目的は水生昆虫の飼育。今はホンゲン、ドジョウ、メダカ、ヌマエビが同居中です。
上へ戻る
 
No.1543: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/04 19:31:13  
 そーるわん  
スピリットさんの飼育装置はもう玄人レベルですね。僕にはブラインドリベットなるものがいったいなんなのすら分かりません。
金属制の網ですか、重厚ですねーこれで一番簡単な例とは。。
以前仕切り板にハリガネのようなものでできた網を使ったことがあったのですが、アクのようなもの(?)が出て水があまり綺麗になりませんでした。なにかコーティングとかされてるのでしょうか。

大型水練も素敵ですね、これまた見た目も綺麗で感動です。タモ網までつくられてるのですか。スゴい。

今度よかったら、公開していい範囲で作り方なんかも公開していただけたら嬉しいです。嬉しいひとたくさんいると思います。

貴重な作品の写真をありがとうございます。2作目のコンテナ容器も完成したらぜひ拝見させてください^^
上へ戻る
 
No.1544: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/10/04 22:50:32  
 たがめ  
スピリットさん。

はっきり言って「凄過ぎ」ます。

うちも屋外容器はほぼ同じ物を利用しておりますが、今だに蓋は「どノーマル」。(笑)
なのでもー「蒸れ蒸れ」。(爆)

早速明日、アイデアをパクらせて頂こうかと・・・・・
幸い今の仕事の関係で工具はほぼ何でもあるので・・・・・
(4モードのドリルやら、タッカーやら何やかんや)

ちなみに私、網については、某埼玉方面のお店で見つけた「強靭ステン枠の網」に、
ペンキ塗りローラー延長用の伸縮可能シャフトを強引に接続し、「全長3m弱の
『スーパーロング網』にした物を愛用しています。

残念ながら・・・・・ 本日そのシャフトが多分「金属疲労」と思われる原因にて
「逝って」しまいました。(悲)

あれってあんま売ってないので、こちらのホームセンターにあるかどうか?

無ければ片道250Km走って買いに行かねばなりません・・・・・

上へ戻る
 
No.1545: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/04 23:52:42  
 げんごろう  
スピリット
そーるわんさん、フォッサマグナさん。

お誉めのお言葉頂きありがとうございます。

まず仕切板(区画)ですが、水中にずーと浸かるので厳密に言えば金属は不適切と言わざる得ないですね。関係ないですが、銅を水中に入れておくと腐食はしますが、銅イオンが発生して藻の発生を妨げる働きがあると聞いたことがあります。
実用合金で耐食性が一番良いのはステンレス合金です。(けっこう高価)私は2作目(写真)で採用しました。1作目の仕切りは、100円ショップで買った植木用のプラスチック製網です。これでもけっこう長持ちしますよ。蓋に使用する網は空気の流通を良くするため、目が粗い網を使います。工作性と低コストの為、柔鉄製です。なので湿度で錆びが出ます。
耐久性と美観を考え、塗装をしてます。

ご要望にお応えして2作目完成間近ですので、写真を貼ります。
蓋はそこそこ重量を持たせ木製枠にしました。網の面積も増やしたかったので。こうでもしないと光不足で水性植物が保ちません。
大型コンテナボックスを選ぶ際、重要なのは大きさに見合った強度です。底砂利や水がたっぷり入り重量もかなり重くなります。外置きすれば、太陽熱と紫外線で変形・劣化もします。
なので衣装ケースはダメ。高価ですが、縦骨が沢山入った業務用コンテナボックスが理想的です。
上へ戻る
 
No.1546: no_title 
HN:  スピリット  2008/10/04 23:56:21  
 げんごろう  
スピリット
2作目の容器内はこんな感じです。まだ通気用ファンの工作をしてません。完全に予算オーバー作です(笑)

上へ戻る
 
No.1547: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/11 14:38:32  
 そーるわん  
すごいのきましたっ。
木枠の水色は塗装なのですか、凝ってますねー。
たしかに衣装ケースとかプラスチックだと、1年くらい野ざらしにしてるとバリバリ割れちゃいますね。自分が力持ちになったのかと勘違いします。
金属の腐食、うちの網のアクみたいなものは腐食だったのかもしれません。ちょっとすっきりしました。
いやーでもすごいです。
上へ戻る
 
No.1513: フィールドワーク 
HN:  スピリット  2008/09/20 22:43:18  
 げんごろうもどき 
そーるわん様。

先日も書き込みしたスピリットです。当板で皆さんの書き込みを読み、ゲンゴロウ(水生昆虫)の愛好家はこんなに沢山いるんだな~と感じました。私の周辺にはこの分野に熱を入れてる方(仲間)がいなく、相談や情報交換する相手がなく、寂しいと言うか、あれこれ皆自己流です。
どうぞお仲間に入れて下さい。よろしくお願いします。

私は県内のここぞと言うフィールド(自然豊かな地)には年中足を運び観察してますが、1回も同趣の方にお会いしたことはありません。出会うと言えば、農家の方、山菜採り、蝶や甲虫採集の人、釣り人といった所です。
私の外観;頭に帽子、首にタオル、片手に頑丈な長いタモ網、プラ容器、下半身は、ウエーダー又は長靴
この格好で、山地の森林地帯や農道を歩くわけですから、どう見てもヘン?何してるの?と不審に思われてもしかたがないです。人に会ったらまずは笑顔で挨拶しかないと。もうそんなことを何年もやってるので慣れちゃいましたけどね。おそらく皆さんも同じような思いではないでしょうか?たまに息子(小学2年)を連れて行くので、そんな時は息子の虫採り付合い面して、実は私がマジ(笑)でもヤンチャな子連れだと、安全確保の方が優先なので本気で集中はできません。。。
周辺に気遣いして、泥で汚れ、全くハズレの池(外来種だらけ)などに遭遇するとガッカリしてもう辞めたくなります、でもなぜかまた新たな生息地を求めてがんばってしまいます。

唯一、この趣が人の役にたってるのかなと思う時は、市の行事で自然公園内で行われる採集観察会時、講師(指導員)を頼まれるので、そんな時だけ知識や経験が役立ちます。
なんかどうでもいいことばかり、長々と失礼しました。

写真も投稿したいのですが、貼れません。写真条件等教えて頂けると助かります。
またよろしくお願いします。
No.1514: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/21 20:47:48  
 そーるわん  
そーるわん
スピリット様。
こんばんは、はじめまして。
ごめんなさい、眠たさがしょっぱいそーるわんです。すみません。

書き込みありがとうございます(しかも2回も!)。

いろいろなゲンゴロウを大切に飼育されてるのですねー。
自然観察会などで講師もされているとのことで、そんなすごい方からご挨拶がいただけて嬉しいです。

詳細ないでたちも教えていただき、採集時の様子が目に浮かぶようです。頭に帽子、首にタオル、といったあたりがプロフェッショナルです。

僕もときどき新産地を求めてあてのない採集にでかけたりするのですが、近年はほとんど狙ったものに出会えません。それだけ減ってるのかなあとも思いましたが、たぶん僕の探し方がだめなのです。毎回そんななのについ今度こそって思うあれって、なんなのでしょうねー。

お子さん連れの採集も行かれるのですね。もう少し大きくなったら一緒にゲンゴロウを捕まえたりできてきっと楽しいのでしょうね。幼虫を毒虫~!とか言って。

今日はじめて知り合ったひとにちょっと挨拶をすることがあったのですが、ゲンゴロウ好きのことを伏せて話したら、隣にいた友達にハッパかけられて、じゃあと思って話したら「あー」という感じの雰囲気になってしまいました。あーあ。
スピリットさんやみなさんが、どうやって一般の方にゲンゴロウの魅力などを説明されているのか興味あります。職場などでゲンゴロウについて同僚に話しているところを、監視カメラで激撮したいです。

写真ごめんなさい。こっちの設定でミスがありました。なおしておいたのでもう大丈夫だと思います。
以前投稿できないとご連絡いただいた「みな」さんにも悪いことをしました。

ちょっと最近レスポンス悪いですが、ちゃんと拝見させていただいております。こちらこそこれからもよろしくお願いいたします。


上へ戻る
 
No.1515: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/21 23:23:21  
 マルガタゲンゴロウ  
そーるわんさん、スピリットさん、そして皆さん、
初めて書き込みさせて頂きます。

スピリットさんの、

>>私は、日本のほぼ中心に住んでいて

に、ついつい反応してしまいました。

多分(と言うか間違いなく)同県民です。
地域的には「田舎」なのですが、変な部分で都会的な所に住んでおりま
す。
と言っても、つい半年ほど前までは東京通勤圏ぎりぎり付近に在住して
おりましたが・・・・・

3年程前、ひょんなことから水棲昆虫及び水辺の生物にん十年ぶりに興
味を持ち、そのん十年前、どうしても目にすることが出来なかったタガ
メ・ホンゲンゴロウを探し始め、どうにか生息地を発見、最初は野生で
の姿を眺めて楽しんでいるだけだったのですが、やはりと言うかなんと
言うか、結局気が付くと水槽と衣装ケースが何本も・・・・・(笑)

とは言うものの、やはり「見つける」「探す」ことが楽しく、雪が降る
までは、毎週のように「作業ズボン・長靴姿で網を持ち、トラップを投
げ入れている」めちゃくちゃ怪しいおっさん、となって、あちこちうろ
うろしています。

で、こちらに来てふと思うのが、生息分布の明らかな違い。
前在住県・隣接県ではそこそこ頑張ればタガメを見つけることが出来ま
したが、(かなり都市部に近い所にも生息していた)スピリットさんの
書き込みにあるように現在住県では公式に絶滅。
未確認生息情報はあるようですが、私の活動範囲にはやはり全く居ませ
ん。

また、あちらでは「腐るほど」生息していたシマゲンが、こちらに来て
からは全く確認出来ません。
逆にあちらではマルガタはホンゲン並みに少なかったのですが、こちら
では場所によって「腐るほど」居ます、我が家から車で3分の田んぼに
もいます。

ホンゲンも比較すればこちらの方が多いでしょうか。
先週はこちらで初めて見つけた生息地が埋め立てられ、悲しみにくれて
おりましたが、翌日他の方面で「手掴み」可能なほど生息している場所
を発見し、悲しいやら嬉しいやらで大変でした。

とりとめもない話を長々と申し訳有りませんでしたが、これからもちょ
くちょく御邪魔させて頂こうかと思っております。

今後とも宜しくお願い致します。




上へ戻る
 
No.1516: no_title 
HN:  スピリット  2008/09/22 16:15:37  
 げんごろう  
そーるわん様

お返事ありがとうございます。
水辺の宝探しは、冒険心や人の狩猟本能が発揮するので何とも言えない麻薬みたいですね(笑)まあ人によってその価値観が違うので、変人に思う人もいるかもしれませんけど(家の家内は呆れて、諦めてます(笑)
まあ、大変な労力を費やし、経費もばかにならないし。でも自然相手のワークをしてると仕事のストレスから解放され最高に気分がいいです。
それと、>すごい方と、ぜんぜんです。プロじゃないですし、趣味でやってます。講師も他に専門家の宛がないから頼まれるんです。
そーるわんさんの知識や経験の足下にもおよびません(もっぱら修行中です)以前、専門学校の先生をしてたことがあるので、少しだけ教育が上手なだけです。
今、別のパソコンでレスしてて写真がないので次回から写真入りで書き込みます。お手数おかけしまして、ありがとうございました。

フォッサマグナ様

はじめまして。>同県民?
同県に同趣の方がいるとなると、ほんとに嬉しく思います。
ただ、文面に>「手掴み」可能なほど生息している場所を発見<と、
同県じゃないような・・・(隣県かもしれません)
我が県は、シマゲンはけっこういます。でもクロゲンは見つかりません。
ホンゲンは十年位前まで生息地に行けばどっさりいたらしいのですが、
今ではその数も激減し、1匹採れたらその日は合格~って感じです。
フォッサマグナさんの所では、田んぼに農薬空中散布をしてますか?
我県は空中散布はせず、投げ込み式の薬しか使用してません。そんなこともあって、カトリヤンマが数多く生息してます。差し支えなければ、もう少しだけ県の特徴や近県など書いて頂けるか、直メール頂けると嬉しいです。お願いします。

皆様、ローカル話題で失礼しました。。。




上へ戻る
 
No.1517: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/22 20:38:30  
 くろげんごろう  
スピリットさん。

シマゲンが結構生息、クロゲン見つからず、ですか。
ってことは微妙に「隣県」かも知れませんね。
多分スピリットさんの方が東京寄り。

我が県は面積が広大で、地域によって生息分布が大きく変化している
ようです。
シマゲンも私の徘徊範囲外には結構居るのかも・・・・・

クロゲンは極端な話「タガメの餌にしてもいい位」居ます。
(決してしませんが(笑))
多分、今年網の中に入ったのは軽く3桁越えてます。
幼虫も3桁近く網に入ったのではないでしょうか。

魚類については渓流系は結構居ますが(実は殆どが放流もの?)里山系は
今一つ、どこの池も「くそバス(笑)」だらけ。
渓流系でも「くそバス」ほどではないですが、外来種被害が大きくなって
いる様子です。

で、最近は空中散布は行なっていないようです。
移住以前から半住民と言えるほど行き来していましたが、ここ数年(それ
以上?)は空中散布は見なくなりました。

ちなみに手掴み可能生息地は、ある意味「なーんてことない」ところです。
上へ戻る
 
No.1518: no_title 
HN:  スピリット  2008/09/22 22:55:57  
 げんごろう  
フォッサマグナ様。

早々のご返答ありがとうございます。
了解です。隣の県に間違えないと思います。
私は日頃本県の北西部を探検してて、特に県境付近は標高がやや高いですが、お気に入りです。時々フォッサマグマさんの県に侵入してしまってますm--m 明日は天気が良さそうで、午後の短時間ですがそちら方面に行く予定です。

皆様へ。
私もバス・ギル、アメザリだらけに泣かされ続けています。
貴重種のヤゴ探査をしてる頃からずーと・・・
駆除してもしきれない、どうにもならないと分かっていますが、これ以上犠牲が増えないことを願うばかりです。
私のフィールドで実際に起きた一例ですが、丘陵地にある20m四方の池で周辺は小さな田んぼが点在、すぐ横に素ぼりの小川、所々に森がある田舎らしい里山です。
そこはかつて水生昆虫の宝庫でした。100匹位のゲンゴロウなら楽勝で採れるほど生息してたそうです。去年私はそこに行ってとんでもない光景を見ました。でかいバスがうようよ泳いでいたんです。。。
どうしてこんな里山の小池まで・・・誰がこんなことするのか、怒りを感じ、いっそ埋め立てて、畑にでもした方が世のためだと感じました。





上へ戻る
 
No.1519: no_title 
HN:  とし  2008/09/24 21:11:27  
 げんごろう  
 スピリット様・フォッサマグナ様初めまして
 そーるわん様お久しぶりです。
 私は、野生のゲンゴロウ・タガメをこの目で見たことはありません。
 とても残念なことなんですが、私が子供のころ住んでいた所は、首都圏の田舎町で、既に田圃は区画整理されていて空中散布も全盛でした。目の前にオニヤンマが、落ちてきたのを覚えています。現在住んでいるところは、比較的自然が残されているところなんですが、タイワンリス、ハリネズミをはじめアメリカザリガニ等外来生物の宝庫です。川は、全面コンクリート、ため池は皆無に等しいです。
 フィールドに出て行くのは好きなのですが、なかなか遠方には仕事がら行けないのが残念でなりません。皆さんが羨ましい。
 私は、日本の里山を表現した日本の野鳥やゲンゴロウ等の水生昆虫やクワガタなどがメインの施設を造り、多くの人にその素晴らしさを伝えることができたらいいな~。と思っています。
 

上へ戻る
 
No.1520: no_title 
HN:  スピリット  2008/09/24 22:28:57  
 げんごろう  
そーるわん様、皆様こんばんは。

昨日、休暇が取れて久々に晴れに恵まれ、このチャンスを逃すわけにはいかないのでちょっとだけ遠出しました。
きっとこの時期は新成虫が加わり個体数が多いに違いないと期待して。
そして、期待通り!約1時間の探索でゲンゴロウ5匹も!(私の新記録)
その他、ハイイロゲンやコシマゲン、コオイムシが多数、またギンヤンマのヤゴやドジョウはどっさりいました。。。
撮影後、ドジョウは餌としてお持ち帰りで、他は全てリリースしました。
ちょぴり惜しい気もしましたが、家は飼育個体数が多いので、新入生の受け入れは毎度のこと厳重な審査に合格しなければだめです(笑)
陽気もやっと涼しくなり、水生昆虫が豊富な地にくると最高に気分がいいです。結局、リリース後もあちこち見て回り、帰りは夕方薄暗くなってからでした。

>どうやって一般の方にゲンゴロウの魅力などを説明されているのか興味あります。<
お答え;一般の方相手の時は、専門家のふりをして県の水生生物調査をしてますなどと言ってやり過ごしてます(笑)
会社の同僚や親戚などにはばれてるので、は虫類や熱帯魚マニアと同じ感覚とか、これは本当のことですが、身近な野生生物しか興味が湧かないなどと。また、今や水生昆虫(ゲン・タガメ)は貴重な存在であることを話したりもします。多分・・・変人とは思われてないと思います。

とし様。
はじめまして。お返事ありがとうございます。
私も出身は東京都○○区なので、都会の生活環境はよく理解できます。。。
子供の頃は、年中母親にねだってペットショップで昆虫を買ってました。
当時、水生昆虫(ゲン・タイコウチなど)は100円~300円、タガメが1000円で売ってました。子供心に欲しくて欲しくてしかたがなかったので、今でもはっきり覚えてます。
大人になって地方に住み着き、天然のゲンゴロウを初めて採った時は、本当に感動しました。それ以前にギンヤンマやオニヤンマのヤゴを採った時は、ほんとに自然界にいるんだーとうれしくてしかたがなかったです。

まだ都心から200km以上離れれば、水生昆虫が豊富な地がありますので機会あれば、フィールドに出て下さい。
フィールド(生息地)は本で学ばなくても、いろいろなことを教えてくれます。私は飼育の鍵はフィールドにあると思ってます。
上へ戻る
 
No.1521: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/24 23:13:02  
 ゲンゴロウ  
スピリットさん。

おっしゃるとおり、本当に外来種の拡散はどうにもならない状況ですね。
前述の「ホンゲン手掴み可能池」の近隣もバス池だらけです。

手掴み池の近隣に、手掴みまでは無理としてもホンゲンの生息する池がある
のですが、その池、上から3段構えになっており、最上段にはホンゲン・
クロゲン・タイコウチ、その他ヤンマ系ヤゴ多数。
しかしながらすぐ下の2段目はバスがうようよ、と、なんとも言いようがない
状況になっています。

なぜ最上段には今までバスが放されなかったのか、ある意味「奇跡」と言える
かも知れません。

あと、バス・ギル、アメザリだけでなく、ウシガエルの進出も相当なものかと。
新たに環境の良さそうな池を発見し、さあ網でじゃばじゃば、と思った瞬間、
「ぐぇ~、ぐぇ~」という鳴き声が耳に入った瞬間の悲しさと言ったら・・・

としさん。

以外に首都圏から一歩離れた程度の距離にも、探せば結構ゲンゴロウもタガメも
生き残っていますよ。
十分日帰り可能な距離にも、細々とですが居ます。

シマゲン・クロゲンなら少し頑張ればすぐに見つけられると思います。
タガメも以外に結構生き残ってます。
さすがにホンゲンはかなり頑張らないと難しいですが。

是非一度探索されてみては如何でしょうか。
ホンゲンが初めて網に入った瞬間の感動は筆舌に表しがたいものがあります。
網の中で跳ね回る振動が柄を通じて手に伝わってきます、
「ぴちぴちぴち~っ!」て感じでしょうか。
ちなみに我が友人は初ホンゲン捕獲の際、山々にこだまするほどの絶叫を上げ、
その帰路、思わず涙ぐんでいた、などと言う笑い話まで提供してくれました。(笑)

上へ戻る
 
No.1522: no_title 
HN:  とし  2008/09/26 21:42:51  
 げんごろう  
スピリット様・フォッサマグマ様
 お返事ありがとうございます。
 確かに飼育の原点は、フィールドにあると思います。
 私も初ホンゲンの夢がかなったら絶叫を上げてしまうかも知れません。
 それができるようになるといいなー。
上へ戻る
 
No.1523: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/28 18:26:19  
 そーるわん  
そーるわん
そーるわんです。時間は残酷です。えーと、すいません。

フォッサマグナさん
はじめまして、書き込みありがとうございます。
文面からいろいろと採集に行かれているのが伺えまして、県が違うと生息分布も違うといった書き込みに観察力や経験のすごさを感じました。トラップ投げ入れているあたりもホットです。僕も自作のボロいトラップ使ってますが、今度いろいろ教えていただければと思います。

ホンゲン手づかみ(可能なほど)、クロゲン3桁、超絶です。
これからもよろしくお願いいたします。


スピリットさん
先週の採集、いろいろ捕れたようですね。ゲンゴロウ5匹すごいです。まとめてお目にかかれるのはそんなにないと思います。いいところですね。

一般の方には専門家のふりですか。でもほんとに一般の方にはスピリットさんは専門家ですね。虫に興味のないごく普通のひとに、水辺で何が起こっているかとか、どういう生き物がいるかといったあたりを興味を持って聞いてもらうのは並たいていのことではないと思います。先生をされていた経験があるのですか、僕はつねづね話がぐだぐだになるので、上手に話をするひとは本当にすごいと思います。

写真、今度ためしてみてくださいね、またおかしなところがあったらどんどんご指摘ください。


としさん
こんばんは。ホンゲンの新成虫は落ち着きましたか?みんな元気に冬を越えるといいですね。日本の里山を模した施設、いいですねー。豊富な種類の水生昆虫が見れるような里山はあまり見れなくなってきましたね。そんな里山にも外来種が入り込んできていたりして。


僕の友達に、以前から虫嫌いの友達がいるのですが、彼によく「なんで生き物の種類が減るとダメなのか」って言われます。
以前どこかで、生き物の多様性が減ると、連鎖して他の生き物も減りやすくなる、人間は生態系の頂点に位置するけど、「人間以外の生物がほとんどいない」という状況に直面した経験は歴史上一度もなくて、だから未知の経験なので予測不能の事態になるかもしれない、多様性の保護は人類の保護にもつながる、といった内容を目にした記憶があります。

僕は詳しくないので全然分からないのですが、友達には、要は食べるものがザリガニだけになったら辛くないか?と応えました。辛いだけならいいけどいろんなものを食べないと病気に抵抗力とかなくなったりするかもしれないよ。

友達は、人間はたくましいから人間以外に生き物がザリガニだけになってもいろんな調理法とか栄養価の高いザリをつくりだしてうまいことやると思うよ、と言います。

多様性という概念がもっと僕たちの側に降りてくるといいですね。最近は外来種を特集した番組もときどき見かけますし、もっともっとみんなで身近な問題として考えるようになれるかもしれません。

意見が分かれるのも自然なことかもしれませんが、いろいろと人間だけじゃなくみんなが住みやすい世界になっていくといいですね。ほんと。


関係ありませんが、これ誰こちゃんでしょうか?マルガムシかと思って捕ったら違ったので逃がしたのですが、持って帰った水草にくっついていたみたいです。基本背泳ぎなので、コミズムシの仲間みたいに見えますが、横からみるとすごくずんぐりむっくりです。
上へ戻る
 
No.1524: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/28 23:33:53  
 ガムシ  
そーるわんさん。

お返事有難う御座います。

トラップについてはそんなに難しいことはしておりません。
定番の魚キラー&ペットボトル改造物、ってところです。
ただ、まぁ、普通の常識ある方々はあまり行なわないであろう投げ入れ方を、
極端に足場のない池ではたまに行なっておりますが・・・・・

ヒントは「ブン、シャー、ぼちゃっ」です。

クロゲン3桁は、はっきり言って「採集・観察」回数が異常に多いだけかと
思われます。
あと、クロゲン・マルガタなら自宅近所にもおりますので・・・・・

本日も午後から自宅近隣の様子伺いに行ってまいりました。

田んぼの水も抜かれ、僅かに残った、
「3面コンクリ側溝の水があふれ、結果的に底部以外は通常の堀上に近い」
所にて、ガムシ・ミズカマキリはカウントするのが面倒になるほど、クロゲン・
マルガタを少々、あとヒメゲン、コシマゲン、コオイムシの冬眠前状況を確認して
まいりました。
(ガムシは1網5匹などと言う、密集状態になっています)

当地は朝の気温が10℃を切り、山頂部は既に雪も降っている状況で、昨夜はついに
初の暖房点火と相成っております。

なので、間もなくほぼ毎週の「田んぼ・池遊び」も、水生昆虫達と同様「冬眠」に入ることを
余儀なくされる時期となってまいりました。

あとは、当地での越冬をどのようにさせるかが、課題となりそうです。

屋外の氷点下10℃以下・飼育ケース雪まみれに、奴らは耐えれるのかどうか・・・・・
上へ戻る
 
No.1525: no_title 
HN:  yana  2008/09/29 02:17:15  
 コシマゲンゴロウ  
そーるわんさんお久しぶりです。
皆様はじめまして。yanaと申します。
横から失礼します。

そーるわんさん、いい虫採りましたね。それはマルミズムシですよ!
水草入れて、ミジンコ与えれば飼育できます。
ドコ県産ですか?差し支えなければ。

ゲンゴロ談義に花が咲いていますね。
僕もナミゲンを初めて採集したときは叫びました。
あれは一種の生理現象ではないかと・・(笑

個人的にはフォッサマグナさんの「コシマゲンの冬眠前状況を確認」に興味津々です。僕はまだ越冬しているコシマゲンゴロウを見つけられたことがありません。彼らは一体どこへ消えるのでしょう??
上へ戻る
 
No.1526: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/29 19:14:23  
 そーるわん  
フォッサマグナさん
「ブン、シャー、ぼちゃっ」ですか。。むむむ、なんにも思い当たりません^^;

ご自宅の近くによい場所があってうらやましいです。ガムシ1網5匹もすごいですね。
うちの方では都市熱のせいか冬でも氷がほとんど張らないようなところなので、きちんとハードニングできないのが課題だったりします。難しいですねー。ぬぬぬ。

yanaさん
わーyanaさん!これマルミズムシというのですね。検索したらおんなじのが出てきました。いや~相変わらずちっこいの詳しいですねー。すっきりしました。ミジンコ食いですか。うちカイミジンコしかいないのですが、1ヶ月近く元気に泳いでいたようなので、うまいこと食べてるのでしょうか。
マルミズムシは千葉県で捕りました。

僕もゲンゴロウ初めて採集したときは叫びました。叫んじゃいますね~
上へ戻る
 
No.1527: no_title 
HN:  yana  2008/10/02 01:25:51  
 ツブゲンゴロウ  
yana
そーるわんさん
千葉でしたか。千葉は記録あるっぽいですね。
詳細ありがとうございました。
本州にはもう一種ヒメマルミズムシって言うのがいるんですが、
以前とったんさんが採ったことあるって言ってたのはそちらだったような・・。両種とも関東では少ない種類だと思います。

写真はヒメマルミズムシで、体長1.5mmくらいです。
上へ戻る
 
No.1528: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/04 19:21:51  
 そーるわん  
ヒメマルチビムシですか!?しかも1.5mm...写真きれいですねー。よく見るとかわいい目をしてるなあと思ったり。半翅目もやっぱりいいものですね。改まります。
僕はyanaさんが写真撮るの一番うまいのではないかと思います。いやーこれはすごいですよ。

とったんさん懐かしい。。
上へ戻る
 
No.1529: no_title 
HN:  海獣  2008/10/04 22:27:29  
 オオイチモンジシマゲンゴロウ  
yanaさん

お久しぶりです。yanaさんの師匠Hさんにこないだ会いましたよ!写真きれいですね!こないだ私も採りました。あまりにHOTな話題で反応しちゃいました。

わんさん

ゲンエサオープンお疲れ様です♪マルミズムシはバルタンちっくな顔つきですね。ヒメマルミズムシはYさんに教えてもらいました。
上へ戻る
 
No.1530: no_title 
HN:  yana  2008/10/10 21:58:00  
 ツブゲンゴロウ  
そーるわんさん
とったんさん戻ってきて欲しいですねー。
それから、ゲンのエサ開設お疲れ様です!

海獣さん
お久しぶりです。
Hさんに会いましたか!どんなお話をしたのか気になります・・(笑)
僕もかれこれ半年以上お会いしてないのですが、お元気でしたか?

ヒメマル採れましたか。あのサイズの虫は、網に入っていても気合入れて注視しないと見落としてしまいますね。
上へ戻る
 
No.1531: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/11 14:49:17  
 そーるわん  
海獣くん
海獣くんもヒメマルミズムシ捕ったのですか、ただのマルミズムシより全然ちっちゃいみたいですねー。僕には見つけられるかどうか。
このあいだはありがとー。

yanaさん
とったんさん戻ってきてほしいですねー。〒さんとか。
なんやかやしましたねー。
ゲンのエサありがとうございます。少しずつ使いやすくしていきますよー。
上へ戻る
 
No.1532: no_title 
HN:  海獣  2008/10/22 12:33:46  
 オオイチモンジシマゲンゴロウ  
yanaさん
Hさんとはいろいろと。。。
すごい方でした。いろいろ勉強させてもらおうと思っています。今度そちら方面で皆さんでお会いできるといいですね。最近小さいのにも興味が出てきているので、いろいろ見つけました。今年はルイスにコウベ、ゴマダラチビにチャイロシマチビを見ることができました。


ひげさん
ひげさんなら大丈夫ですよ。見つけられるでしょ!
落ち着いたら連絡先教えて下さいね。

上へ戻る
 
No.1533: 秋雨の溜池 
HN:  スピリット  2008/09/29 19:00:44  
 げんごろう 
スピリット
そーるわんさん、皆さんこんにちは。

休暇でせっかく都合が良い日なのに、一日中雨・・・すごく損した気分。
でも様子見で出かけました。ずーと前から気になってた場所です。
この池は、水辺にアクセスするのに険しい草むらと戦わねばならないのと、駐車エリア(路駐)からけっこう遠いので、いつも見送りでした。
小雨がぱらつく中、やっとの思いで岸辺へ、ふと見ると凄まじくでかい錦鯉が5匹位泳いでました(涙)せっかくここまで来たのに~
まあ仕方なし、岸辺付近の植生豊かな所に網を入れ探索してみました。
1時間位の探査で、結果はやっぱりな~。。。
ミズカマキリが時々、ドジョウがたったの2匹、オオルリボシヤンマのヤゴが2匹、ゲンゴロウの気配はまるでなしでした。
今日はそんなで気力が失せました。

そーるわんさん、私も↑おきらく掲示板に書き込めませんでした。写真も貼れません~jpegですよね、何MB位までですか?
No.1534: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/29 19:22:19  
 そーるわん  
スピリットさん
彼岸のもしゃもしゃしたところ見るとうおーってなりそうですが、錦鯉ですか。しかもすさまじくデカいのが5匹。
そうですかー。でもみなさんフィールドワークいろいろされてるのですね。

掲示板の書き込みできない件すみませんでした。原因は向こうに書いておきます。管理者不行き届きです、ごめんなさい。。
投稿も勝手にこっち貼っちゃいました。事後報告ですみません。
写真はだいたい1MBまでならアップされるようになってます。
上へ戻る
 
No.1535: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/29 21:12:23  
 コシマゲンゴロウ  
スピリットさん。

お疲れさまでした。

錦鯉ですかぁ、バスの次くらいにげんごろの敵ですね。(苦笑)
池主の方に我々がどうのこうの言える立場では全くないのですが、
「他に何か考えること無いのかよー」と、思うこと多しです。

現在住地の近隣にこれまた3段の休耕田流用の浅い溜池で、
(前述の3段溜池とは場所の異なるところです)、

1段目 > 錦鯉た~~~っぷり。
2段目 > なぜか鯉は入れておらず、ホンゲン幼虫も確認。
      クロゲン・マルガタ・その他小型種、ガムシ、タイコウチ、コオイムシを確認。
3段目 > 理由は不明だが鯉が入ってたり入ってなかったり。

なんて、変なところが有ります。

ちなみにその2段目にはホンゲン幼虫は居るのですが、今だに親ゲンたちの居所が掴めていません。
その近辺に「池」が全く見当たらないのです。

奴らの親はどこに消えているのか・・・・・

発見出来れば、自宅から最近ののホンゲン生息地となるのですが。

yanaさん。

スレッドが違ってしまいましたが・・・・・

コシマは昨日の段階では前述の水路(と言うか堀上と言うか)に、他の連中と一緒に
静かに潜んでおりました。

ただその水溢れ3面側溝、あと2ヶ月もすると多分完璧に「完全に雪に覆われ」ます。
積雪地域での奴らの越冬がどうなってるのか、本当に不思議です。
上へ戻る
 
No.1536: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/09/29 21:36:13  
 マルガタゲンゴロウ  
そーるわんさん。

これまたスレが違ってしまいましたが・・・・・

「ブン・・・・・」、は、なんと言うか、ある意味、ライバル達の道具流用です。

で・・・・・

>>ご自宅の近くによい場所があってうらやましいです。

 「人生半分捨てる気(笑)」になったら誰でも同じ環境に自分の身を持って行く
 ことが出来ると思いますよ。

 食って、山登って、雪遊びして、げんごろとか魚達と遊ぶ程度ならどーにか
 こーにか、なんとかなると思います。

 ん十年間のサラリーマン生活辞めてこっちに来てから、収入は「ん分の1」
 ストレスも「ん分の1」になりました。(笑)
上へ戻る
 
No.1537: no_title 
HN:  スピリット  2008/09/29 22:21:29  
 げんごろう  
スピリット
そーるわんさん。
早々のお返事ありがとうございます。
掲示板是正処置ありがとうございます。調子にのってまた書き込みさせて頂きます。なんせ今日は悪天候の上、見たくもない錦鯉、成果なしの体力練成でずぶ濡れ、不満・・・(笑)
後から見つけたのですが、「魚釣り禁止」とボロイ看板があったので、その昔、養殖みたいなことをしてたのかもしれません。
周辺は絶好の好条件なのですが、錦鯉にはもったいないです。バス・ギルよりはましですけど。。。

今回の写真は、僕のお気に入りフィールドです。人気のない山地の自然池です。大型の魚は生息してませんで、水生昆虫の敵は水鳥でしょうか。
イモリやカエルもけっこう沢山います。ここの特徴は、池半分が浅く(水深約10cm)、残り半分は深く、一つの池で両立していて理想的だと思ってます。
もちろんゲンゴロウを始め、お決まりの水生昆虫は勢揃いです。

フォッサマグマさん、これから秋も深まり、高標高地の多い我々のフィールドは厳しいですね。一昨年前、真冬の日中に溜池の氷を割って採集観察したこともありました。ゴム手袋、長靴をはいていても、すぐ手足先が冷たくなってしびれてきます。
2度、氷だらけに混ざってホンゲンを採ったことがあります。たいていの水生昆虫は動きが鈍いですが、ゲンはピョンピョンはねて抜群の耐寒と感心させられます。真冬の水中探査も意外と新たな発見があります。
あと真冬の探査で1つだけいいのは、水辺周辺の草木が枯れて岸辺へのアクセスが楽、そしてポイントが絞りやすいです。








上へ戻る
 
No.1538: no_title 
HN:  yana  2008/10/01 00:59:03  
 モンキマメゲンゴロウ  
フォッサマグナさん

コシマはまだ水中にいましたか。今からどこか遠くへ飛んでいくとも考えにくいし、水際の草の根際にでも潜り込むのかも知れないですね。
ありがとうございました。

余談ですが、今年仕事でフォッサマグナさんの県に行ったとき少しだけ採集をしています。
そのとき確認したのはコツブゲン、クロゲン、キベリクロヒメ、モンキマメ、キベリマメ、カノシマチビでした。カノシマチビは高標高地の渓流に生息する種類で、僕の住んでいる関東地方ではお目にかかれないのでちょっと感動でした。
上へ戻る
 
No.1539: no_title 
HN:  フォッサマグナ  2008/10/01 08:54:59  
 モンキマメゲンゴロウ  
yanaさん

我が家から車で10分ほどの清流にモンキマメが生息していたのですが、
理由・意味不明の浚渫作業により、微妙に蛇行していた流路が直線化。

結果モンキマメどもは居なくなってしまいました、あー。

コシマについては、そこから土手1つ離れた水路に潜んでおりました。

ちなみにこちらではコシマは比較的少ない印象で、小~中型ではクロズマメが
最も多いイメージです。
前在住県・隣県ではあまりクロズマメにはお目にかかりませんでしたが。
(コシマはある所で「4桁捕獲可能?」と思ったことが有ったほど多産)
上へ戻る
 
No.1540: no_title 
HN:  そーるわん  2008/10/04 19:17:22  
 そーるわん  
フォッサマグナさん
「人生半分捨てる気(笑)」ですか、よぉ~し!僕もいつかそっち側行きます。収入より人生、なかなかできないですよね、素敵です。

スピリットさん
なんて好環境な池でしょうか。いいところですね~。
冬の採集といえば、先日知人から、以前採集中に氷が割れて落ちて知り合いに助けてもらったと聞きました。ひとりだったら今ここにこうしていなかったかも、というようなことを言っていました。
冬の採集は僕も好きなんですが。
道も凍結してたりと危険なことも多いかもしれませんが、冬の採集も楽しいですよねー。

上へ戻る
 
No.1511: ゲンゴロウ 
HN:  スピリット  2008/09/15 22:56:13  
 ゲンゴロウモドキ 
管理人様、皆様こんばんは。初めて書き込みさせて頂きます。
私は、日本のほぼ中心に住んでいて、30代後半の中年です。
今後ともよろしくお願いします。
皆さん同様、特に水生昆虫に興味があり、我が県の生息調査や飼育繁殖等各種いろいろしてます。今はゲンゴロウ類にはまっていて、常時十数匹を宝物のように大切に育ててます。
我が家のお宝;①シャープゲン(北陸産)②ホンゲン③シマゲン④ヒメゲン⑤クロズマメゲン⑥コシマゲン⑦ハイイロゲン
全て天然物を採集して育てた個体です。シャープ以外は我が県産です。

我が県は山岳地が多く、見た目の自然は豊富ですが、平野部や丘陵地は開発の影響や外来種問題、汚染など他県同様の理由で水生昆虫は少なく減少し続けています。
でも標高600m以上の山地に行けば、様々な水生昆虫が生息しています。ホンゲンゴロウについては準絶滅危惧種で、限られた生息地ですが、運が良い時は採集できます。今年から細々とですが保護してあげようと思い、沢山繁殖して生息地にリリースしました。
タガメは昔生息してたそうですが、絶滅してしまいました。
そうなってからでは遅いので、今のうちに保護してあげなければと。。。

ゲンゴロウは奥が深くおもしろいですね~。以前は各種ヤゴを採集・飼育研究してその奥の深さに酔ってましたが、ゲンゴロウも違った奥深さがあります。。。
また、相談等よろしくお願いします。




No.1512: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/21 20:08:07  
 そーるわん  
スピリットさんこんばんは。はじめまして。眠たい管理人でごめんなさい。
投稿していただいた新しいスレッドの方で、あらためてご挨拶させていただきますねm(_ _)m
上へ戻る
 
No.1509: ストップ,ザ地球温暖化!? 
HN:  サンダーバード2号  2008/09/15 10:40:15  
 モンキマメゲンゴロウ 
「え!?,水が・・・ない!!」昨日1年ぶりにナミゲンの自生地に行ってきました。しかし,水がないんです。満々と水を湛えていたのに,全体がドロドロ状態でした。西中国山地の豊かな自然の中にある所なのでナミゲンたちもどこかに避難しているとは思うのですが・・・。このようなことは日本各地でも起こっているのでしょうか。だとしたら水生昆虫たちも大変です。どうにか生き延びてくれ!!です。
No.1510: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/21 20:06:08  
 そーるわん  
ナミゲンの自生地行ってきましたかー。でも水がほとんどなくなっていると。。
うーん。一時的なことだといいのですが。
今年は関東あたりはゲリラ豪雨などの言葉も飛び交ってたほどなので、渇水の問題はほとんどなさそうに安直に思ってましたが、そんなこともないのですね。
いつも安定している水域だったら湧き水が枯れるとか、ひとの手による開発の影響とかなのでしょうか??

僕も思い入れのある生息地はほぼ壊滅しましたが、それでも残っているところは残っています。でもたぶん今後の僕たちのとる姿勢次第でそれもどうなることやら、かもしれせん。
上へ戻る
 
No.1507: こんにちわ 
HN:  こんにちわ  2008/09/14 13:51:09  
 げんごろう幼虫 
いまタガメかゲンゴロウの幼虫を探しているんですが

かれこれ3年になってしまいました。

ほんとにほしいです

みなさん

飼いきれないものがいたら

おすそわけしてもらないでしょうか?

よろしくおねがいします

No.1508: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/21 19:53:11  
 そーるわん  
3年ですか、なかなか手にはいらなくてやきもきされる気持ちはよく分かるような気がします。幼虫限定なのですか?
いずれにしても僕は今期もだめだめだったので、成体でさえ余剰個体がそんなにいません、どなたかからいただけるとよいですが。

余計なことかもしれませんが、一回目でおすそわけのお願いを書かれるのではなくて、何度か顔を出されてそのひとのひととなりが分かってからだと、僕たちもお譲りしやすくなるかもしれませんね^^

譲り受けたゲンゴロウが順調に増えて、飼い切れなくなっとき、はたしてそのひとはどうするのか、などのそのひとの考え方で、おすそわけをためらうひと、それでもおすそわけしてくれるひと、いろいろいるかと思います。
上へ戻る
 
No.1501: ゲンゴロウ類の幼虫について 
HN:  ミニマム  2008/08/22 23:15:28  
 げんごろう 
はじめまして、管理人様!

愛媛でゲンゴロウをやっているミニマムと申します。

最近ゲンゴロウの分布調査と、幼虫の標本データベースを作っているのですが、よくわからない幼虫を採りました。

愛媛なので、クロゲンゴロウだと思うのですが、このサイトの「紛らわしい幼虫」コーナーの写真で見ると。。。トビイロ!?にそっくりなのです。

クロゲンなので、個体差があるので、クロだとは思うのですが・・・
もしよろしければ、見てもらえないでしょうか?

一応愛媛の一番南西端で採った物なので、もしトビイロなら♪と思いまして・・・まあクロの生息地なので、クロでしょうが・・・(採集した成虫3匹はクロでした↓)

No.1502: no_title 
HN:  そーるわん  2008/08/24 13:03:38  
 そーるわん  
はじめましてマニマムさん、こんにちは。

えと、トビイロにそっくりなクロゲンの件ですが、お話を伺う限りやはりクロかと思います。分布域が重複している地域だと幼虫の見分けが難しかったりしますが、Cybister属はゲンゴロウの中でも大きくて比較的ポピュラーな存在ですので、種別に都道府県単位での分布域がしっかり調べられている感があります。でも分布調査ということですし、その地域で成虫を捕まえて裏づけをとるか、ひとまず幼虫をたくさん画像に収めて、今回は標本にせずに羽化させてみる、というのも手かもしれませんね。

でもなんのゲンゴロウの幼虫か分からないというスリリングな様相は僕も大好きです。いつか、あえてまぜこぜにして、そこから種別回収してはたして本当に想定したとおりのゲンゴロウが出てくるかやってみたいです。
上へ戻る
 
No.1503: no_title 
HN:  ミニマム  2008/08/27 00:53:28  
 げんごろう  
そーるわんさま、お返事ありがとうございます。

やはり、クロみたいです★でも、クロとトビイロは幼虫似てるので難しいですね・・・。
混ぜて見分けれたら一人前感ありますねw

今後は、流水性や、小さなゲンゴロウ達の幼虫も解析、記録していきたいと思います。
流水性は特にゴマダラチビの幼虫しか見たことないので・・・
上へ戻る
 
No.1504: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/02 00:16:51  
 そーるわん  
そうですね、しかも見分けたと思っても羽化までもってかないとなんとなく胸張れないし、手間がかかりますねー。
ゴマダラチビですか、すごいですねぇ。僕は流水系めぐりあいたいのですけど、いまだマメみたいな止水域と流水域どっちにもいるようなのばっかりです。
上へ戻る
 
No.1505: no_title 
HN:  ミニマム  2008/09/05 02:45:51  
 げんごろう  
かなり上流まで行ってみれば、石ひっくり返せば、サワダマメがいますよ!こいつの幼虫は是非見てみたいです!なんせ、かなり流れの速い川でも石の隙間にいますから!
上へ戻る
 
No.1506: no_title 
HN:  そーるわん  2008/09/21 19:43:01  
 そーるわん  
サワダマメですか、ミニマムさんはいろいろ見つけられてるのですねー。
石の隙間ですか、ありがとうございます。
僕も今度しゃかりきになって探してみようと思います。
上へ戻る
 
総スレッド数= 3544 / アクセス数= 280438
[<] [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16]  [17]  [18]  [19]  [20]  [21]  [22]  [23]  [24]  [25]  [26]  [27]  [28]  [29]  [30]  [31]  [32]  [33]  [34]  [35]  [36]  [37[38]  [39]  [40]  [41]  [42]  [43]  [44]  [45]  [46]  [47]  [48]  [49]  [50]  [51]  [52]  [53]  [54]  [55]  [56]  [57]  [58]  [59]  [60]  [61]  [62]  [63]  [>] 
2010.05 this board was made of soulBBS
 
 
    
 
 
トピックリンクロゴ
 
 
 
 
 
 
 
recommendation
recommendation

Valid HTML 4.01 Transitional

Valid CSS!

開設マークロゴ